【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

大雨の中も久しぶりの出演に大勢のお知り合いでほぼ満席の客席

大雨の中も久しぶりの出演に大勢のお知り合いでほぼ満席の客席

Kyoko

2022年04月30日 土曜日

0 コメント

▶昼過ぎから降り出した雨が夕刻からドシャ降りになったGW初日だった昨夜は、帰国以来の3年ぶりの春子さんのステージ《なら春子リーダートリオ》メンバーは、なら春子(pf) 香川裕史(b) 小泉高之(ds) さん。NY在住約40年、コロンビア大学で教鞭もとっていて、一時期アフリカに興味を持ってアフリカに滞在していたこともあった春子さん。その後体調を崩されて帰国され、今はお元気になられて活動再開です。
▶大雨の中、大勢のお知り合いの方がいらして下さって客席はほぼ満席になり、今回はサイドメンに香川さんと小泉さんを起用して、スタンダード曲とオリジナル曲を楽しそうに演奏されていました。小泉さんは春子さんと同年代のドラマーで、大昔当店にも出演なさっていた方でしたが、私はすっかり忘れていました。小泉さんごめんなさい!お客さまは皆さま熱心にお聴きになっておられ、気持ちいい雰囲気の店内になりました。
▶1st.set…A.C.ジョビン♪ A Girl From Ipanema、「ウェスト・サイド・ストーリー」より2曲♪Tonight、♪Cool。春子春子オリジナル曲♪Mahouka、同じく♪Baji。スタンダード曲♪Tea For Two、「ウェスト・サイド・ストーリー」より♪America。
▶2nd.set…A.C.ジョビン♪Triste、G.ガーシュイン♪Summertime、なら春子オリジナ曲3曲♪Giraff Girafh、♪Sunu、♪Airam+Maria。リチャード・ロジャース♪My Romance、ピアノソロ演奏でオリジナル曲♪Appalachian Voices…胸にキュンときました。なら春子オリジナル♪Lenox アンコール曲は♪Tennessee Waltz でした。

Comments are closed.