【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

美しいヴァイオリンの音色に聴き惚れた夜

美しいヴァイオリンの音色に聴き惚れた夜

Kyoko

2022年04月15日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は雨が降って冷え込んだのでお客さまを心配していましたが、初めてのユニット《Contrastee(コントラステ)》をお聴きになられる方が多くいらしてくださり、良い感じの店内になりホッとしました。初ユニットの出演は、やはり経営者としても気になります。リーダーは坂井紅介(b)さんで、メンバーは当店初出演のヴァイオリニスト会田桃子さん、ピアノ田中信正(pf)さんパーカッション岡部洋一(perc)さん。
▶ヴァイオリンの音色がとても綺麗で聴き惚れました。ドラムスではなくてパーカッションなのも弦のサウンドが活きていました。多くの曲を残して亡くなっられたテナー奏者、井上淑彦さんの曲も演奏されました。きっと彼も天国で喜んでいることでしょう。私はほぼ毎晩48年、生の演奏を聴いていますが、同じ曲でも演奏者により編成により、まったく違うので飽きることがありません。好きなことをして生きていられること、それを支えてくださるお客さまに、感謝の毎日です。
▶1st.set…会田桃子作♪Recuerdo Imborrable、坂井紅介作♪El Sol、井上淑彦作♪Grasshopper、ブラジルのエグベルト・ジスモンチ作♪Mais Que A Paixao、坂井紅介作♪パキラ。
▶2nd.set…井上淑彦作♪雨宿り、坂井紅介♪ズージャ、井上淑彦作♪Un Jour、会田桃子作♪波止場、ミルトン・ナシメントの♪ベラクルス、アンコール曲は、タンゴ歌手カルロス・ガルデルの♪El Dia Que Me Quieras…会田さんが歌を歌われました。

Comments are closed.