【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

地方のお客さまも戻り始めた店内を包んだ気持ちの良いサウンド

地方のお客さまも戻り始めた店内を包んだ気持ちの良いサウンド

Kyoko

2022年04月08日 金曜日

0 コメント

▶近藤和彦(as) さんがバックメンバーを新しくした初日《近藤和彦Newクァルテット》 片倉真由子(pf) さんに、須川崇志(b) 小田桐和寛(ds) さんが初参加。近藤さんも伸び伸びと演奏し本領発揮で気持ちの良いサウンドが店内を包み込みました。昨夜は南青山店のお客さまが、北海道や愛媛から上京してご来店くださいました。「やっと出かけて来れるようになったので久しぶりに来たら、やっぱり素晴らしい演奏で本当に来てよかった」と。私も久しぶりにお目にかかれて、とても嬉しかったです。少しずつお客さまが戻ってきていることを実感しました。
▶演奏曲は春に相応しい曲と、戦争の収まらない中、当店でも時々ホレス・シルバーの「Peace」とオーネット・コールマンのものが演奏されました。O.コールマンのは初めて聴く感じでしたが、多分むかし聴いているはずですが記憶力が…ホントに自分でも嫌になります。家に引っ込んでいたらますます老化が進みそうですが、私はつくづくジャズに助けられて生きていると再認識しました。
▶1st.set…トミー・ウルフの♪Spring Can Really Hang You Up The Most、チャールズ・ミンガス♪Reincarnation of A Lovebird、近藤和彦作♪Sweet and Plangent、ホレス・シルバー♪Peace、近藤作♪Indigos。
► 2nd set…オーネット・コールマン♪Peace、ピアニスト ウォルター・デイヴィス♪Sweet Cakes、D.ガレスピー♪Bebop、近藤作♪Blood Moon、近藤作♪Spontaneous Conversation (自然な会話)、アンコール曲は♪C.パーカーの♪Blues でした。

Comments are closed.