【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

久しぶりの「一音目からジャズ!」演奏者と一緒に楽しんだステージ

久しぶりの「一音目からジャズ!」演奏者と一緒に楽しんだステージ

Kyoko

2022年04月04日 月曜日

0 コメント

▶日曜日の冷たい雨降る夜…と、ご来店条件の悪かったレイモンドさんの正月以来のステージ《レイモンド・マクモーリンクァルテット》レギュラーメンバー レイモンド・マクモーリン(ts) 片倉真由子(pf) 粟谷巧(b) ジーン・ジャクソン(ds) さん。レイさん普段は中学校の先生をされていて大変忙しく、春休みになって久しぶりのライブ演奏で、しかもこの最高のメンバーを得て、いつも冷静なレイさんも興奮してメンバーに感謝されていました。レイさんの奥様も、男の子三人をご実家に預けてレイさんのステージを聴きにいらしてました。いつものように私は、一音出た瞬間にジャズを感じ、深い音色に聴き入りました。レイさんの和やかなMCトークも親しみやすく、雨の中いらして下さったジャズ好きの皆さまと一緒に、聴き応えあるジャズサウンドを楽しませていただきました。レイさん作曲の新曲「桜ソング」も披露されましたが流れの良い曲で、気持ちのいいステージでした。
▶1st.set…レイモンド作♪All Of A Sudden…BSJSレーベルのタイトルチューン、ジーン・ジャクソン作♪Great River、レイモンド作♪Sakura’s Song (桜ソング)、レイモンド作♪For my brother Andy。
▶2nd.set…エルビン・ジョーンズ&ジーンアレンジ♪Three Card Molly、レイモンド作♪Spiritual Journey、D.エリントン♪In A Sentimental Mood、レイモンド作♪Forward Momemtum、アンコール曲はT.モンク♪Straight No Chaser でした。

Comments are closed.