【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

普段あまり聴かれない選曲とアレンジのステージ

普段あまり聴かれない選曲とアレンジのステージ

Kyoko

2022年04月03日 日曜日

0 コメント

▶週末土曜の夜は《ジム・バトラー リーダークァルテット》メンバーはジム・バトラー(as)さんのほか当店ではお馴染みの デニス・ランバート(pf) 中村健吾(b) ジーン・ジャクソン(ds) さん。ジムさんはアメリカ軍隊の音楽隊に在籍していて世界中に行っていますが、今は東京が気に入って福生に住んで音楽活動をされています。デニスさんも音楽隊に在籍して世界中で演奏後、日本が気に入り退役して東京で活動。皆さん、東京の安全さがお好きなようです。昨夜は、健吾さんとジーンさんのしっかりしたリズム隊に乗って、当店ではあまり聴かれない選曲とアレンジのステージが繰り広げられました。
▶1st.set…J.コルトレーン作♪Straight Street、ナット・サイモン作♪Poinciana (ポインシアナ)、チャールズ・ミンガス作♪Duke Ellington’s Sound of Love、サックス奏者♪Good for the Soul、ミュージカル作家リチャード・ロジャース作♪Lover。
▶2nd.set…ジム・バトラー作♪Love at First Sight、J.コルトレーン作♪Dear Lord、ケニー・ギャレット作♪Happy People、エイトル・ヴィラ・ロボス作♪The Little Train (カイピラの小さな汽車)、アンコール曲はレイ・チャールズの♪Mary Ann でした。

Comments are closed.