【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

ファンも徐々に増えてきた折この改名でさらに期待が膨らむ演奏

ファンも徐々に増えてきた折この改名でさらに期待が膨らむ演奏

Kyoko

2022年04月01日 金曜日

0 コメント

▶《南青山六丁目楽団》から渋谷公園通りへの移転を機に新しいバンド名《パーク・アベニュー セクステット》に改めて今年初めての出演だった昨夜。メンバーは変わらず 岡崎正典(ts) 駒野逸美(tb) 山岡潤(euph) さんがフロント三管、野本晴美(pf) 大塚義将(b) 高橋徹(ds) さんがバックトリオです。ユニークなコンボなので名前もユニークにと思って名付けたのですが、このほうがオシャレかもしれませんね。ネーミングアイディアをいただいたのは55レコードの五野社長さん。昨夜は久しぶりにいらしてくださいました。
▶リーダーの正典さんが選曲とアレンジをなさっていますが、毎回新しいアレンジ曲がありレパートリーがどんどん増えています。それに併せるように、嬉しいことにファンの方も徐々に増えてきています。ユーフォニアムがジャズコンボに入っているのは世界にもレアで、女性が二人参加しているのも華があっていいですね。ジャズコンボもダイバーシティ(多様性)の時代、これからが楽しみなユニットです、皆さまぜひ一度この柔らかな音色のジャズをお聴きになってください、きっとファンにられますよ。
▶1st.set…正典テナーをフィーチャーしてチャールズ・ミンガスの同名盤から♪Pithecanthropus Erectus、ピアノとユーフォニアムでオスカー・ペティフォードの♪Tricotism、T.モンクの♪Straight No Chaser…正典アレンジで同じメロディを何度も繰り返すので途中で何回目か分からなくなったとのこと。ホレス・シルバーの名曲をトロンボーントと ユーフォニアムで♪Peace、♪Take The A-Train…三管のソロが入りました。
▶2nd.set…エリントン オーケストラがよく演奏したチャイコフスキーの「くるみ割り人形」より♪Nutcracker Suite Overture Miniature…テナーとトロンボーンのソロが入りました。今度はカウントベイシー オーケストラがよく演奏した♪April In Paris…トロンボーンソロあり。♪Wail March…ソニー・ロリンズ クィンテットが二管で演奏していたのを正典アレンジでこのバンド用に、イントロ4ビートで出てアップテンポになりテナーのソロになりました。お馴染みの♪I loves You Porgy…正典さんのテナーソロがとても美しかった。コール・ポーターの♪It’s All Right With Me…山岡アレンジのアップテンポで演奏。アンコール曲はコルトレーンの♪Blue Train。このメンバーは皆さん控えめな方々ですが音楽表現はとても多弁です。楽しませていただきました。

Comments are closed.