【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

珠玉のメンバーがバックも「花金」の時代が懐かしい月末・給料日

珠玉のメンバーがバックも「花金」の時代が懐かしい月末・給料日

Kyoko

2022年03月26日 土曜日

0 コメント

▶月末25日の金曜日、チャリート(vo)さんと彼女が人選したバックトリオ。ピアノはいまNYから帰国されている 大友孝彰(pf) さんと 中村健吾(b) 山田玲(ds) さんのリズム隊。寂しい客席に昭和の昔が懐かしくなりました。月末の給料日、昔は花金・花木といってサラリーマンの方が夜の街へ繰り出し、深夜は3時頃までタクシーが拾えないことが普通だった、まさに高度成長期でした。土地バブルがはじけ失われた20年とも言われる長いデフレ時代に続き、このコロナで「家飲み」がすっかり定着してしまったようです。
▶時代はどんどん変わって行きますが、やっぱり生演奏の現場こそがジャズです。演奏者の息遣いを肌で感じながらひと時を共有する感覚は、一度体感すると何ごとにも代えがたいものがあります。大友さんはNYで活動されていた時、チャリートさんがNYでのギグの際はいつも歌伴演奏されていました。派手なことはしない、でも歌心あるとても音楽的なピアノです。リズム隊もピッタリ付いてとても気持ちの良いトリオバックに、チャリートさんも水を得た魚のように伸び伸びと楽しんで、お馴染み曲をエモーショナルに歌いあげるステージでした。
▶1st.set…インスト演奏で♪Up Jumped Spring。チャリートさん登場♪I Only Have Eyes For You、♪Dreamer、♪A Fine Romance、♪Lush Life、私の好きな曲が2曲♪Embraceable You、♪The Man I Love。
▶2nd.set…インスト演奏で♪Have You Met Miss Jones。チャリートさん入って♪Like A Lover、♪Guess I’ll Hang My Tears Out To Dry、♪Softly As In A Morning Sunrise、♪House Cleaning Blues、♪Dearly Beloved、♪Nica’s Dream、アンコール曲は♪They Say It’s Wonderful。チャリートさんらしい選曲でした。

Comments are closed.