【社会経済活動 再開へ】
リバウンド警戒期間 終了
当店は感染対策認証店として
引き続き[ウィズコロナ仕様]で営業
(2022年5月22日付 May 22nd)

デイリーレポート

初共演のバックメンバーとも意気投合し華やかで楽しいステージ

初共演のバックメンバーとも意気投合し華やかで楽しいステージ

Kyoko

2022年01月16日 日曜日

0 コメント

▶伊東真紀(vo)さんの週末土曜日のステージ。バッキングメンバーは 田中菜緒子(pf) 伊藤勇司(b) 中村海斗(ds) さんのトリオ。真紀さんはこのメンバーとは初共演でしたが、リハーサルをしてみて素晴らしいメンバーで大変喜んでおられました。周りの音をきちんと良い感じのサポートしていた海斗さんが二十歳と聞いて、またビックリ。菜緒子さんと伊藤さんのバッキングも素晴らしく、安心して歌う事ができたようで、綺麗な声でメロディーと歌詞丁寧に歌われていました。
▶彼女の歌を聴いていると、心が綺麗な人なのがよく分かる感じです。とても寒い土曜日で、お客さまはほとんどが彼女のファンの方たちでした。お客さまをとても大切にされている彼女は、ファンがとても多いのも頷けますね。そして、いつもお母様が目立たない隅の方でお嬢さんのステージを見守っていらっしゃいます。素敵な親子ですね。
▶O型株の感染急拡大で、世の中がまた萎縮し始めたように感じます。今朝配信した【B&S通信】にも書きましたが、感染症で死ぬか低迷経済で死ぬか、と言われるステージに入ったいま、行政にはリスクと損失のバランスを慎重に考えていただきたいですね。飲食店だけでなく、日々のドアバックの出演料で生活しているミュージシャンにも、社会経済活動の萎縮は死活問題ですから。私は、この状況が続くと思うと頭が痛くなります。
▶1st.set…トリオのインスト演奏の後真紀さん登場。♪Take Five、♪Fly Me To The Moon (Slow Bossa Nova)、真紀さんの詞とオリジナル曲♪永遠の場所、♪One Note Samba (Samba)、♪My funny Valentine (16beat)、♪My Foolish Heart…ピアノとデュオ。
▶2nd.set…インスト演奏1曲のあと、♪Human Nature (16beat-swing-16beat)、♪Night and Day (Swing)…勇司 さんとデュオ)、海斗さんのドラムをフィーチャーして♪Softly As In A Morning Sunrise (Latin)、真紀さんのオリジナル新曲♪愛情、♪Love Theme From Spartacus (Waltz)、♪Bridges (Bossa Nova)、アンコール曲はオリジナル曲♪Surely one Day でした。

Comments are closed.