【時短営業の要請は全面解除】
都は飲食店に対して10月25日以降
時短営業と酒類の自粛要請を全面解除
新たなウィズコロナ時代へ
(2021年10月22日付 Oct.22nd)

デイリーレポート

理系頭脳らしい興味深い選曲やステージ

理系頭脳らしい興味深い選曲やステージ

Kyoko

2021年11月01日 月曜日

0 コメント

▶10月の最終日は日曜日。趣味が数学という理系頭脳のピアニスト、若井優也(pf) さんが若手 髙橋陸(b) 中村海斗(ds) さんをサイドに選んだ《若井優也トリオ》若井さんの数学仲間でもあり東大ジャズ研のお仲間の布施音人さんが遊びにいらして飛び入り。プロ好みのピアノを披露して下さいました。陸さんと海斗さんがその場でしっかりリズムを付けました。初めて会ってすぐ一緒に演奏できるのは、ライブジャズの醍醐味ですね。飽きることがないのがジャズの奥深いところです。
▶後で聞くと、若井さんも連弾で入ろうと思ったそうですが、演奏に興味がわいて聴き役に回ったそうです。でもアンコールでは連弾されました。布施さんは名前が音人ですので、聞いてみるとやはりお母様はピアノの先生をなさっているそうです。ハロウィンで交差点付近は若もののお上りさんで大層賑わったみたいですが、公園通りにはその賑わいは遠く、落ち着いた周辺でした。
▶1st set…ドイツの作曲家クルト・ヴァイルの♪This Is New、D.エリントン♪Prelude To A Kiss、サイ・コールマン♪I’ve Got Your Number、中村海斗作♪That Little Boy、C.パーカー♪Now’s The Time。
▶2nd set…フレッド・ハーシュ♪A Lark。ピアノが布施音人さんに変わってスタンダード曲♪Hear A Rhapsody、古いピアニスト ジョン・クレナーの♪Just Friends、スタンダード曲で映画のテーマ曲だった♪Autumn Nocturne、若井作BSJS第3弾のアルバムタイトルになっている曲♪Will, Part 1。アンコール曲はピアノ連弾で♪The Days of Wine de Roses でした。

Comments are closed.