【“50周年の夏” 特別企画 目白押し】
7月末~8月~9月まで
“ジャズ専門店”ならではのステージ
ここは人生を豊かにする“サードプレイス”
8月スケジュール更新/公開
(2024年7月1日付 July 1st.)

デイリーレポート

久しぶりにお会いできて心地よく楽しんだブラジル音楽

久しぶりにお会いできて心地よく楽しんだブラジル音楽

Kyoko

2021年03月26日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は本当に久〜しぶりの城戸夕果さんのフルートクィンテットによるブラジリアン音楽のステージ。メンバーは、城戸夕果(fl) サイゲンジ(g,vo) コモブチ・キイチロウ(b) 岡部洋一(perc) さんというブラジル音楽のスペシャリストたちです。夕果さんのよき伴侶は外交官で、ブラジルに3年その後ボストンに3年、一緒に駐在されていました。夕果さんは両現地でライブ活動をされていて、昨夜も、サイゲンジさんとペルーの笛ケーナや民芸品の笛などいろんな笛を持ち込んで、曲によって吹き替える演奏。実力も音楽の幅も大きくなった感じで聴いていました。
▶ボストンではタイガー大越さんにお世話になったそうで、タイガーさんから私によろしくと言付かってきたとお聞きしました。タイガー大越さんは大昔、新婚旅行に行くときに我が家に泊まって「行ってきます」と出発してそのまんまボストンに住み着いて、向こうではビッグな存在になり、現在はバークリー音大の先生をなさっています。長いことジャズの世界にいると、色々なミュージシャンの人生を見ます。好きなこととはいえ、この世界で生きて行くことは大変ですが、道を踏み外さず一生懸命やっていれば報われます。私も好きで選んだこの道です、コロナで大変厳しいですが、何とか少なくとも50周年まで毎日いい音楽を聴いて頑張りたいと思っています。
▶1st set…フィロー・マシャ♪Pam Pam、サイゲンジ作♪First Song…サイゲンジさんのボーカル入り、サイゲンジ作♪Sunflower…ボーカル入り、サイゲンジ作♪Azul Azul Verde Azul、城戸夕果作♪Lulu。
▶2nd set…サイゲンジ作ボーカル入りで♪Compass、同じくサイゲンジ作♪Leve、サイゲンジ作♪光を待つ人、城戸作♪Confluencia。アンコールはブラジルを代表する女性音楽家ミルトン・ナシメントの♪Vera Cruz でした。

Comments are closed.