【緊急事態解除リバウンド防止措置へ】
国の緊急事態は10/1以降全面解除
都は10∕24までリバウンド防止措置へ
時短営業と防止対策の徹底を要請
当店も新たなウィズコロナ時代へ
(2021年10月1日付 Oct.1st)

デイリーレポート

時の経つのも忘れるほど発展してゆく二人の音の会話

時の経つのも忘れるほど発展してゆく二人の音の会話

Kyoko

2021年03月09日 火曜日

0 コメント

▶昨夜は、小沼ようすけ(g) 宮本貴奈(pf) さんの当店としては初めて、都内では数年ぶりのデュオステージ《小沼ようすけ&宮本貴奈デュオ》活動名は「Double Rainbow」です。このお二人が自由になって奏でる音楽はスムーズで、気持ちよくどんどん発展していきます。演奏というよりまさに自由にする「音の会話」です。演奏がいつまでも続いて行きそうな感じで、私も時間を忘れてしまいそうになりましたが、演奏者もそうだったようで、ちょっと時計をみたらもう7時半でした。時短営業で8時に閉店しなくてはならず、後1曲の合図をして、もったいなくも終演しました。この二人のステージを心待ちされていたファンの方々で、お店は久しぶりに賑わいました。
▶嬉しいお知らせが入って来ました。お二人のアルバム「Double Rainbow」が2020年第33回ミュージックペンクラブの最優秀作品賞を受賞❢おめでとうございます❢この賞は音楽関係の執筆者たち約160人が、クラシック・ポピュラー・オーディオの3部門で音楽史に残る優れた仕事を成した人や団体や作品に与えられる1966年に設立された歴史と権威ある賞です。貴奈さんは長い海外生活から帰国され活動拠点を日本に移してから、ジャズだけでなく映画音楽や邦楽の世界や教育の世界でも色んな方面で活躍されています。今はお子さん2人の子育てしながら仕事と家庭を両立させています。ご家族の理解と、ご本人の体力・精神力がないと出来ないことです。私が見ていても、彼女は本当にタフで、頭の回転が早い女性です。これからも活躍の場をどんどん広げていかれるでしょうから、彼女から目が離せませんね。
▶1st set…小沼作♪Flyway、♪It Could Happen To You、♪Tea for Two、小沼作♪Coffee Please、♪For Fu-ku-shi-ma、北欧の歌手ラーシュ・ダニエルソンの♪Suffering。
▶2nd set…宮本貴奈作♪Driftwood (流木)、ソウル界のレジェンド ビル・ウィザースの曲2曲♪Hello Like Before、♪Just The Two of Us。♪Body And Soul、宮本貴奈作♪Rainbow。アンコールは♪Over The Rainbow、そして最後にチックさんを偲んで♪Spain で「強制終演」でした。

Comments are closed.