【“50周年の夏” 特別企画 目白押し】
7月末~8月~9月まで
“ジャズ専門店”ならではのステージ
ここは人生を豊かにする“サードプレイス”
8月スケジュール更新/公開
(2024年7月1日付 July 1st.)

デイリーレポート

できたてホヤホヤの曲も数曲披露されたステージ

できたてホヤホヤの曲も数曲披露されたステージ

Kyoko

2021年01月22日 金曜日

0 コメント

▶池田さんのソロアルバムの発売記念ライブでしたが、皆で演奏したいということで彼が率いるクァルテットで出演されました。メンバーは 池田篤(as) 熊谷泰昌(pf) 池尻洋史(b) 濱田省吾(ds) さんの《池田篤クァルテット》昨夜の演奏曲は池田さんのオリジナル曲で、できたてホヤホヤの曲もありました。当日の朝方、作曲した曲も披露されました。頭の中に音符が出てくるのか、メロディが出てくるのか…お聞きしたかったのですが、次のブッキング調整をしてたら忘れてしまいました(本当に忘れっぽくて自分が嫌になります)で、次回は4/26(月)に決定。柔らかくて綺麗なアルトの心地よい音色でしたが、時節柄、聴き手が少なくて申し訳なかったです。でもこのクァルテットがお好きな方は、遠くからちゃんといらしてくださり、心から感謝いたします。
▶1st set…♪In The Ordinary Way、♪Forest Myth (森の神話)、♪Bread and Soup…♪Body &And Soul のコード進行で作られた曲、♪1/16(4日前)にできた新曲♪Fast Swing。
▶2nd set…♪Sahelanthropus Tchadensis…サヘラントロプスは700万年前にいた霊長類でアフリカのチャドで発見されたのでチャデンシス。当日の朝作った新曲♪She Likes To Dance…、♪Jack-Knife Lullaby…アルト奏者ジャッキー・マクリーンに捧げた曲で池田さんはジャッキーさんが好きで尊敬されていて、NY時代にお会いしたとき教えてほしいと言おうとしたら眼が怖くて、ナイスサウンド!しか言えなかったとのこと。2006年に故人になられ今思うととても残念だと話しておられました。♪In A Sentimental Mood で終わりました。なお、このバンドのCD「Free Bird」が3月3日に発売になります。応援よろしくお願いいたします

Comments are closed.