【第2回 緊急事態発令に伴う当店の対応】
1/8〜2/7 の期間中は国と都の要請に沿って
ライブジャズ文化と演奏家の活動の場を守るため
新タイムテーブルと措置で時短営業いたします。
In line with guidelines of a
Govt. emergency announcement,
From Jan 8th to Feb 7th, we will open
with a new timetable and measures.
(2021年1月7日付 Jan.7th)

デイリーレポート

ジャズ黄金時代の選曲を楽しんだ幕開け第2夜

ジャズ黄金時代の選曲を楽しんだ幕開け第2夜

Kyoko

2021年01月08日 金曜日

0 コメント

▶新年幕開け第2夜、報道では緊急事態がほぼ確定的でしたが、まだ正式には発令されてなくお店としてもスタッフや関係者と対応を相談していましたが、しっかりした詳細も発表されてなく、あまり先取りして対応するのもおかしな話なので、従来通りお店を開けました。出演は《石田衛リーダートリオ》石田衛(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さん。お客さまは片手で数えるほどでしたが、とてもいい演奏でした。石田さんは幼い頃からビバップを聴いてほぼ独学でジャズピアニストになっただけあって、スタンダード曲は全部頭に入っているようで譜面無しです。しっかりしたリズム隊を得て、選曲も良く、伸び伸びと気持ちの良いトリオ演奏で、私も昔よく聴いた曲を楽しませていただきました。
▶1st set…ビング・クロスビーが取り上げてスタンダード曲になった♪How Deep Is The Ocean ? 、石田衛作♪チャチャー、石田作♪ピアタム、スタンダード曲♪I Remember April、スタンダード曲オーネット・コールマンとドン・チェリーのフリージャズの最初のようなアルバム「ジャズ来たるべきもの」から♪Congeniality。
▶2nd set…ジミー・ジュフリー♪Careful、ジャンゴ・ラインハルト♪Miner、ジェリー・マリガンのアルバムタイトル曲♪What Is There To Say、ジェローム・カーン♪All The Things You Are、ソニー・ロリンズの♪Oleo、アンコールはシダー・ウォルトン♪Bolivia。ジャズ黄金時代を彷彿する選曲ですね。

Comments are closed.