【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

デイリーレポート

深いグルーブと素晴らしいアレンジの真由子ワールドに脱帽 !!

深いグルーブと素晴らしいアレンジの真由子ワールドに脱帽 !!

Kyoko

2020年11月22日 日曜日

0 コメント

▶片倉真由子さんの2枚のアルバム「plays Standards」と「plays Coltrane」その録音メンバー 片倉真由子(pf) 粟谷巧(b) 田中徳崇(ds) さんが揃って発売記念ライブ、お陰様で満席になりました。真由子さんのお母様も仙台からご友人とお見えになっていました。私も久しぶりにお目にかかれて、嬉しかったです。私はこのレコーディングトリオの生演奏を聴くのは初めてで、とても楽しみにしていました。
▶お二人のサイドメンは真由子さんのピアノの深いグルーブをよく理解している気持ちの良いサポート。2枚のアルバムから演奏曲をランダムに選んだようですが、コルトレーンのものは大概スタンダード曲ですね。なので、どの曲も真由子さんらしい素晴らしいトリオサウンドでした。特に「Naima」そして社歌「Body And Soul」の演奏に胸が熱くなりました。誰もが知っている「Moanin’」の真由子流アレンジには、流石 !! という他ないですね。真由子さん、人気も実力もいよいよ一流本物になってきましたね。私も嬉しいです。
▶1st set…秋の定番♪Autumn Leaves、コルトレーン♪Naima…ナイーマは「アフリカの語源で私の天使」、コルトレーン♪Theme For Ernie、コルトレーン♪Equinox。
▶2nd set…コルトレーン♪Resolution、コルトレーン♪Wise One、ジョニー・グリーン♪Body And Soul、♪Moanin’、アンコールはボビー・ティモンズの♪Softly As In A Morning Sunrise でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です