【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

デイリーレポート

和洋がいいバランスで心が和むサウンドの気持ちのいいステージ

和洋がいいバランスで心が和むサウンドの気持ちのいいステージ

Kyoko

2020年11月21日 土曜日

0 コメント

▶久しぶりの笛吹かなさんの篠笛ステージ、メンバーは かな(篠笛) さんと 中嶋錠二(pf) 清水昭好(b) 二本松義史(ds) さんのトリオです。かなさんは小柄で華奢な身体で優しくチャーミングな女性ですが、音楽に対する情熱が沢山詰まっている感じです。昨夜も色んなタイプの6本の笛を持ち込んで、曲によって色々に持ち替えて、吹き姿も素敵に演奏されました。
▶バックの男性トリオも彼女の追求する音楽の良き理解者で、彼女の持ち味を引き出す心のこもったサポート。和洋の曲を興味深いアレンジと演奏で、心が和むとても気持ちのいいライブになりました。お客さまもこのバンドのサウンドが好きな方がいらして、皆さま静かに心地良いサウンドに聴き入っておられました。
▶1st set…小学唱歌♪紅葉 (もみじ)、ジャズのスタンダード曲♪Autumn Leaves、かな作♪小待宵草 (コマツヨイグサ)…可愛らしく可憐な黄色い花、ホーギー・カーマイケル♪The Nearness of You、美空ひばりの♪りんご追分。
▶2nd set…ソニー・ロリンズの名曲♪Pent-Up House、かな作♪花魁道中、童謡♪ずいずいずっころばし、かなアレンジの山形の民謡♪花笠音頭、チック・コリア♪La Fiesta、アンコールは「ティファニーで朝食を」からヘンリー・マンシーニの♪Moon River でした。選曲を見ただけでも心が和むでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です