【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

デイリーレポート

4人の歌姫たちの素晴らしい熱唱22曲をたっぷり楽しんだ文化の日

4人の歌姫たちの素晴らしい熱唱22曲をたっぷり楽しんだ文化の日

Kyoko

2020年11月04日 水曜日

0 コメント

▶文化の日に相応しい豪華メンバーによる《ミュージカル ナイト》この企画は、意気投合した4人の仲良しシンガーが春と秋に当店で行うイベントで、その秋は昨年と同じ文化の日でした。4人の歌姫は、ジャズ界の 伊藤君子(vo) ウィリアムス浩子(vo) さんと、クラシック・オペラ界の 川井佐知子(vo) 青木さおり(vo) さん。バッキングは 若井優也(pf) 楠井五月(b) 海野俊輔(ds) さんです。
▶1st set…トリオのインスト演奏でG.ガーシュイン♪I Got Rhythm。最初の歌姫は伊藤君子(ペコちゃん)で映画「Something To Shout About」の挿入歌でC.ポーターの♪You’d Be So Nice To Come Home To…バースから歌った「帰ってくれたらうれしいわ」、2曲目は日本語でトワ・エ・モワのヒット曲♪誰もいない海…映画「越路吹雪物語」でも使われました。2番手は川井佐知子さんで♪New York New York…同名映画で歌ったライザ・ミネリとその後歌ったF.シナトラとの歌詞をミックスして熱唱。2曲目は西田敏行の曲♪もしもピアノが弾けたなら。3番手は青木さおりさん♪Lullaby of Broadway…同名ミュージカル映画から、2曲目は♪Colors of The Wind’ (カラー・オブ・ザ・ウィンド)…デズニー映画「ポカホンタス」より。最後は浩子さんで♪Some Other Time…バーンスタインのミュージカル「オン・ザ・タウン」の中の曲、2曲目は♪Raindrops Keep Fallin’ On My Head (雨にぬれても)…明日に向かって撃て」明日が明るい日になるように詞をアレンジ。セットの最後は二組のデュオで、ペコちゃん浩子さんの♪Summertime、佐知子さおりさん♪Fascinating Rhythm。
▶2nd set…最初はさおりさん「ショウほど素敵な商売はない」から♪There’s No Business Like No Business、松任谷由実♪やさしさに包まれたなら。次が浩子さんでオペラ「ポギーとベス」から♪I Loves You Porgy、石原裕次郎の♪夜霧よ今夜もありがとう。佐知子さんオペラ「ハッピー・エンド」より♪Surabaya Johnny (スラバヤ・ジョニー)…酷い男なのに好きなの と歌う曲、♪Choro Mew…ブラジルのとても難しい曲で若井さん譜面に釘付けで若井さんもコーラスで参加。最後はペコちゃんで♪The Man I Love…G.ガーシュインが書いたミュージカル曲だけど未公開でジャズスタンダード曲として定着、そして♪Love For Sale。最後はデュオで、まずペコちゃん浩子さんの♪Everytime We Say Goodbye、続いて佐知子さおりさんで♪Anything Goes。アンコールは全員で♪な〜んで男は…面白い曲で客席から笑い声が上がりました。最後に「サウンド・オブ・ミュージック」の中の曲♪Climb Every Mountain。
▶バックトリオのメンバーは全22曲持ち寄られた譜面をチェックして全員のリハ…と大変な作業でしたが、立派に務められました。普段はあまり譜面を見ながら演奏しないので疲れたと思いますが、4人の歌姫の歌を楽しんで演奏し、若井さんはコーラスまでしました。意外に高い声が出るので皆さん驚いていましたよ。
▶それぞれの個性が光った和気あいあいの楽しいステージ。私も音楽に身を委ねて楽しみながら、さすがプロたち、と改めて感心しました。シンガーは歌う前には食事をしないのでお腹がペッコペッコ。終わるとビールを飲みながらピザを美味しそうに食べておられました。長〜い一日、お疲れ様、ありがとうございました。昨夜は久しぶりに満席になりました。聴きにいらしてくださったお客さまにも感謝致します。この企画を続けるために、来年早々皆でミーティングをするようです。今から楽しみですね。

Comments are closed.