【時短営業の要請は全面解除】
都は飲食店に対して10月25日以降
時短営業と酒類の自粛要請を全面解除
新たなウィズコロナ時代へ
(2021年10月22日付 Oct.22nd)

デイリーレポート

振れ幅の広い多彩な香りのするトリオジャズサウンド

振れ幅の広い多彩な香りのするトリオジャズサウンド

Kyoko

2020年06月09日 火曜日

0 コメント

▶リズムセクションに 楠井五月(b) 石若駿(ds)さんを選んだ石田衛さんの当店初のリーダートリオ。このトリオが紡ぎ出したジャズは、伝統的なビ・バップからアウャンキャルド風な感じまで幅の広さがあり、なおかつサウンド自体が温かく、とても聴き応えある演奏でした。週明け月曜のせいか、あるいは夜の外出を控えるよう通達が出ている会社もあるとかで、お客さまは片手で数えられるほど。こういうジャズこそ多くの人に聴いてほしい、と残念に思いました。でも私の好きなタイプのジャズで、じっくり楽しめて満たされた感じで帰宅しました。後で聞いたら、中継配信を視聴されていた方々が普段よりかなり多かったとか。少し救われました。
▶1st set…石田衛作♪チャッチカー?チャカチー、M.デイビス♪Little Church、石田作♪Minor、ユービー・ブレイクの古い曲♪Memories of You、ジェローム・カーン♪All The Things You Are。
▶2nn set…ジム・ホール♪Careful、石田作♪Piatamu、オーネット・コールマン♪Congeniality、スタンダード曲♪Wonder Why、ジャコ・パストリアス♪Three Views Of A Secret、スタンダード曲ハロルド・アーレン♪My Shining Hour。次回の石田トリオは、7/13(月)です。中継でお聴きになっていた方、ぜひお越し下さい。来週の6/15(月)は石田さんのバッキングでウィリアムス浩子(vo)さんのデュオもありますよ。

Comments are closed.