【当店は「ニューノーマル」のもと営業中】
6/1(月) 活動再開の行程ステップ「2」へ。
当店では「新たな日常」ガイドラインに沿って
先月5/26から営業を再開しています。
We started live performances on May 26th
in line with the [New Normal] guidelines.
(2020年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

音に無駄がないセンスの良いトリオサウンドと歌を満喫

音に無駄がないセンスの良いトリオサウンドと歌を満喫

Kyoko

2020年03月26日 木曜日

0 コメント

▶増原巌(b) 市原ひかり(tp,vo) 石田衛(pf) さんのドラムレストリオ《OMD》幼い頃からジャズ黄金時代の名盤を聴いて育った石田さんは、ほとんど譜面を見なくても曲が頭の中に入っていて、いつも楽しんで演奏されます。ひかりさんもこの二人の先輩の中で、伸び伸び気持ちよく演奏とボーカル。リーダーの増原さんはベースの役割をよく心得ていて、そんな二人を自由にさせて土台のようにしっかりリズムを刻みます。ひかりさんのいろんな才能は惚れ惚れするほどです。絵もとても上手く、競馬が大好きで好きな馬のスケッチはプロ裸足。多くの才能があって羨ましい限りです。このトリオは繊細さと大胆さがあって、なおかつ自然体なのです。選曲も良くてとても素敵なトリオです。
▶1st stage…ニコラウス・ブロドスキー♪Be My Love、サド・ジョーンズ♪Thedie、増原作♪That’s Not Cool At All、ジョニー・マンデル♪TThe Shadow of Your Smile… ひかりさんのボーカルが素敵でした。♪Can’t Take My Eyes Off You (君の瞳に恋してる)、♪Make A Fool of Myself。
▶2nd stage…G.ガーシュイン♪I Ain’t Necessarily So、ホレス・シルバー♪Calcutta Cutie   増原作♪Indigo Blue、ボサノバ曲♪Pra Machucar Meu Coração、G.ガーシュイン♪Soon でした。
P.S.
増原さんの巌は巖が正しいそうです(「山」の下は「口」が2つ横に並ぶ)かなり画数が多いですが、この方が吉運なのだそうです。以後、表記に気をつけます。皆さまもなにかの折にはそのようにお願い致します。

Comments are closed.