【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

デイリーレポート

マルチリンガルらしい多彩な選曲でリラックスしたステージ

マルチリンガルらしい多彩な選曲でリラックスしたステージ

Kyoko

2020年01月30日 木曜日

0 コメント

▶《グレース・マーヤ弾き語りトリオ》久しぶりのマーヤさんの演奏を楽しみました。トリオメンバーはグレース・マーヤ(pf,vo) SOKUSAI(b) マサ小浜(g) さん。マーヤさんもシャンパンを少し飲んでリラックス。SOKUSAI さんも小浜さんも楽しんで演奏されていました。粒の揃ったきれいなピアノでバラエティーに富んだ選曲で、
発音のきれいなボーカルを楽しみました。マルチリンガルですが英語は特に得意なマーヤさんです、何を歌っているのか詞が良くわかります。「Creep」は、スラングで「変人」の意味らしいのですが「小さい頃から自分は変人だと言われ自分でもそう思ってたけど、ドイツの音楽大学に行ったらもっとすごい変人ばかりだった」皆さん大笑いでした。今までは週末の出演が多いマーヤさんでしたが、久しぶりにウィークデー水曜日。店内相変わらず寂しい日が続いていますが、なんとかカタチになりました。次回のマーヤさんは、2月28日(金)になります。お酒好きの方、ポップス好きの方、ぜひご一緒にお飲みください、楽しいですよ!
▶1st stage…♪Come Together、♪Kiss of Life、♪Dindi、♪Gee Baby,Ain’t I Good To You、♪Shape of You、♪Moon River。
▶2nd stage…Poinciana、Antonio’s Song、Temptation、♪Close To You、Bad Guy、♪My Funny Valentine、♪Georgia on My Mind、アンコール♪Creep。歌われた言語もジャンルも多岐に渡っていて、マルチリンガルらしい選曲でした。解説抜きにそのまま曲名だけ書きました。

Comments are closed.