デイリーレポート

ブレーキーさんの頃の日本のジャズ全盛時代を思い出しながら…

ブレーキーさんの頃の日本のジャズ全盛時代を思い出しながら…

Kyoko

2020年01月12日 日曜日

0 コメント

▶守屋さん率いるこのセクステット《守屋純子 セクステット》メンバー 守屋純子(pf) 岡崎好朗(tp) 近藤和彦(as) 岡崎正典(ts) 安カ川大樹(b) 加納樹麻(ds) さんは、皆さんがご自分のバンドを持つリーダーですからスケジュール合わせが大変で、年に2,3回ほどしか演奏することが出来ないユニットです。毎年2月に守屋さんのオーケストラ公演が「渋谷のさくらホール」で開催されますが、今年は故アート・ブレーキーさんの生誕100周年で、今年はそのトリビュートです。良い曲がたくさんあって、選曲に迷っているそうです。
▶A.ブレーキーさんは本当にウチのお店が好きで、親分肌でしたから毎回来日する度に、ビッグネーム・ミュージシャンを連れてきてシットイン演奏させて聴いておられました(拙著「身も心もジャズ」に彼のいろんなエピソードが書いてあります、当店の六本木時代です)今の当店がこうしてあるのも、彼のおかげだと感謝しています。本に書き忘れたエピソードをここでひとつ。80年代、ジャズ全盛期の頃、マウント富士ジャズフェスが毎年夏に盛大に行われました。そのホテルの庭で前夜祭が開かれ、関係者だけでなく一般の方も大勢やってきます。彼は私の手を引いてたくさんの模擬店に連れていき、お金を払わずに次々つまみ食い。模擬店の方も相手がブレーキーさんなので何も言えず、私も一緒にお相伴。本当におちゃめな人でした。彼も私も若かった…ジャズという音楽にもイベントにも勢いがありました…。2月29日の「さくらホール」には毎年私も聴きに行きますが、今年は特に楽しみです。そのコンサートを予感させるような昨夜の選曲と演奏、楽しませていただきました。
▶1st stage…T.ドーシー楽団の♪Jazz Me Blues、守屋作♪Maple、W.ショーター♪Lester Left Town、D.エリントン♪African Flower、R.ロジャース♪My Romance。
▶2nd stage…D.エリントン♪Satin Doll、守屋作♪Blues、ジョン・ウィリアムス♪Soulful Mr. Timmons、守屋作♪Forever Peace、守屋作ブレーキーさんに捧げた♪Artistic Legacyでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です