デイリーレポート

演奏も選曲も味わい深く至福の時間を過ごした週末

演奏も選曲も味わい深く至福の時間を過ごした週末

Kyoko

2019年12月08日 日曜日

0 コメント

▶師走最初の週末は 岡崎好朗(tp) 松島啓之(tp) 田中菜緒子(pf) 伊藤勇司(b) 広瀬潤次(ds) さんの《2ペット クィンテット》フロントの二人は、いまファーストコールの実力者です。楽器は同じですがサウンドのテースト・タイプがはっきり違っているのに相性が抜群なのです。ピアノは、最近メキメキ実力をつけコールの多くなった菜緒子さんで、フロントの二人も菜緒子バッキングの特にソロが良いとニコニコされていました。リズム隊はその演出力で信頼厚いベテラン広瀬さんと、ベースの伊藤さん。
▶伊藤さんもどんどん実力を上げてきていて、先月初リーダーアルバム「My Seasons」をリリースしたばかり(ちなみにサイドは 田中菜緒子(pf) 山田玲(ds) さん)皆さまこのアルバムの応援もよろしくお願いいたします。メンバーの皆さん、音楽を深く理解し楽しんで演奏されているのがとても良く、至福の時間を過ごすことができました。来週もこのような夜が多く持てるといいと思いました。
▶1st stage…アルト奏者ボビー・ワトソン♪カリタ、26歳で早逝した天才トランペッターといわれるファッツ・ナヴァロの♪Boperation、ベースをフィーチャーしてP.チェンバース♪Ease It、ちょっと変わったピアニスト エルモ・ホープの♪Carvin’ The Rock。
▶2nd stage…ロイ・ハーグローブ♪The Left Side、M.デイビス♪Miles Ahead、K.ドーハム♪Wind Mill、リチャード・ロジャース♪It’s Easy To Remember、C.ポーター♪What Is This Thing Called Love?、アンコールは♪Autumn Leaves でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です