デイリーレポート

爽やかで気持ちのいいギター・ジャズサウンド

爽やかで気持ちのいいギター・ジャズサウンド

Kyoko

2019年12月04日 水曜日

0 コメント

▶昨夜は鈴木直人(g)さんの初リーダーカルテット。メンバーは、鈴木直人(g) 熊谷ヤスマサ(pf) 川村竜(b) 岩瀬立飛(ds) さん。川村さんと岩瀬さんは当店出演が久しぶりでしたので、とても楽しみにしていました。この二人のしっかりしたリズム隊に乗って、鈴木さんは安心して本領発揮されている感じで、皆さんの楽器の音色が綺麗で、とても爽やかなジャズサウンド。立飛さんのドラムスがしっかりコンボ・サウンドの演出の役割を果たしていて、素晴らしいユニットだと思いました。演奏曲は鈴木さんのアレンジした曲、それに鈴木さん川村さん熊谷さんそれぞれのオリジナル曲を演奏。とても気持ちの良いライブでした。次回は同じメンバーで来春になります。特にギター・クァルテットファンの方、ぜひどうぞ、きっとファンになられますよ。
▶1st stage…G.ガーシュインの曲を2曲♪’S Wonderful、♪Summer Time…コードもリズムも原曲と全く違う現代的アレンジで新鮮でした。鈴木さく♪The Window of Thalys…ヨーロッパひとり人旅のイメージで作曲、チャールズ・ミンガス♪Goodbye Pork Pie Hat。

▶2nd stage…川村作♪Hit Or Miss Fashion, It’s Not Improvisation、熊谷ヤスマサ作♪Ready for Christmas、エリントン作 鈴木アレンジの♪Love You Madly、鈴木作Majestic Dawn…7拍子の曲を自由に演奏、アンコールはメル・トーメの♪The Christmas Song でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です