デイリーレポート

演奏の完成度も高く選曲も素敵なのに寂しい客席…

演奏の完成度も高く選曲も素敵なのに寂しい客席…

Kyoko

2019年11月12日 火曜日

0 コメント

▶月曜日の雨、ということで空席が目立った《松島啓之クァルテット》昨夜のメンバーは、いつもの 松島啓之(tp) 今泉正明(pf) 上村信(b) さんの他レギュラードラマーの広瀬潤次さんがお休みで、若い木村さんが入りました。このユニットは20代の頃から20年近く続いていて年季が入っていますが、皆さん何歳になってもシャイで物静かな方たちです。上村さんも無口ですが手先が器用で、草色のフェルトで作った小さなカエルをプレゼントに頂いて、今でも我が家の玄関の棚を飾っています。案外人は見かけによらないでしょ。
▶木村さんは以前にもこのクァルテットを聴きにいらしていたので、しっかり周りの音を聴いて落ち着いたサポートでした。20年来のユニットですから、サウンドは完成度高く出来上がっています。演奏曲もバラエティーに富んでスタンダードの良い曲ばかり。オリジナル曲とのバランスもよく、熱烈なファンの方はお見えでしたが寂しい客席で、天候に左右される駅からのアクセスが悪いのをミュージシャンたちに心苦しく思いました。
▶1st stage…スタンダード曲「ミュージカル バイ・バイ・バーディー」より♪A Lot of Livin’ To Do、トランペッター トム・ハレルの♪Moon Alley、 ディジー・ガレスピー♪And then she stopped、テナー奏者ベニー・ゴルソン♪I Remember Clifford、松島作♪Emergency。
▶2nd stage…テナー奏者デクスター・ゴードン♪For Regulars Only、松島作♪Treasure、ベーシスト ポール・チェンバース♪Ease It、松島作♪Some True Things、ケニー・ドーハムの♪Lotus Blossom、アンコールは♪枯葉 でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です