デイリーレポート

よくスウィングする華とチャームのある素晴らしいトリオ

よくスウィングする華とチャームのある素晴らしいトリオ

Kyoko

2019年10月14日 月曜日

0 コメント

▶暴風雨から一夜明けた昨夜は《Win Brighトリオ》田中菜緒子(pf) 市原ひかり(tp) 伊藤勇司(b) さん。都内では台風一過の抜けるような青空でしたが、テレビでは続々と被災状況が拡大している様子が報じられて、でも私は、こんな時こそ音楽を聴いて元気になりたいと思いました。
▶その期待通りこのトリオはよくスウィングして、ひかりさんの「吹き語り」も素晴らしく、歌は英語もしっかりした発音で語りかけるように歌い、日本人離れしています。粒の揃ったタッチの菜緒子ピアノとのコンビネーションも良く、伊藤さんは若いですが聴く度に進化していて、2人をしっかりサポート。素晴らしい演奏を楽しみました。いらしていた外国人の音楽関係者も、素晴らしいミュージシャンとクラブだとお褒めいただきました。
▶1st stage…T.モンク♪I Mean You、ミュージカル作家リチャード・ロジャース♪My Funny Valentine、エバンスの演奏が有名♪How My Heart Sings、サミー・カーン♪Be My Love、A.Cジョビン♪No More Blues。
▶2nd stage…G.ガーシュイン♪But Not For Me、菜緒子作♪NYの思い出、♪Bebop Lives、秋の定番スタンダード曲ガーシュインの愛弟子ヴァーノン・デューク作♪Autumn in NY、ハロルド・アーレン作フレッド・アステアが歌った♪My Shining Hour、アンコールはヴァン・ヒューゼン♪It Could Happen To You。

▶そうそう「Win Bright」というネーミングは、終演後のミュージシャン同士の会話で知りました。競馬ファンはご存じと思いますが、JRAのGIレースにも勝った競走馬だそうで、大の競馬ファンのひかりさんが大好きな牝馬だそうです。今日も府中の競馬場に「Win Bright」に会いに行くと言っていました。華もあるとても楽しめるドラムレストリオです。さっそく次回をブッキングしました。2月4日(火)に決まりました。皆様ぜひこちらの「Win Bright」にも会いに来て聴いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です