デイリーレポート

ロイさんを思い出しながら英気を養ったステージ

ロイさんを思い出しながら英気を養ったステージ

Kyoko

2019年10月09日 水曜日

0 コメント

▶最近は女性ドラマーが多くなりましたが、ジャズコンボのドラマーとしてユニットを率いて活躍している女性としては初めてかもしれません。佐藤ことみ(ds) 類家心平(tp) 吉本章紘(ts) 栗田妙子(pf) 鉄井孝司(b) さんの昨夜の《佐藤ことみ クィンテット》トリオメンバーとのコンビネーションもよく、その上に乗って相性がとても良いフロント二人が自由に絡んでいく…とても楽しいクィンテット・サウンドでした。客席はそこそこ埋まり、外国人のお客さまが2組。とてもいいバンドでクラブの雰囲気も「So Good !」とお褒めいただきました。消費増税で客席が寂しい日が続いていたので少し落ち込んでいた私ですが、そんなお言葉をいただき「ガンバろう」と英気が出てきました。演奏曲はいずれもロイさんが吹いていた曲です。
▶1st stage…ロイ・ハーグローブの1992年のアルバム「The Vibe」よりタイトル曲♪The Vibe、♪Caryism、♪Trust、ジェームス・ウィリアムズ作♪Alter Ego…ロイさんの初期のアルバムに入っているこの曲は最近の若手がよく演奏されているようです。エンディング・チェイサー曲♪Pastor T。
▶2nd stage…♪Theme For Malcolm、♪Soulful、♪To Wisdom The Prize、♪Liquid Streets、♪ Strasbourg、♪St Denis。エンディング・チェイサー曲♪Pastor T。
★★明日から2日間、検査入院のためお店欠勤です。レポートブログは、曲名と写真だけになります。ご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です