デイリーレポート

寂しい客席も優しさ溢れるできたての新曲を披露

寂しい客席も優しさ溢れるできたての新曲を披露

Kyoko

2019年09月05日 木曜日

0 コメント

▶《池田篤クァルテット》レギュラーメンバー 池田篤(as) 熊谷泰昌(pf) 池尻洋史(b) 濱田省吾(ds) さん。昨夜はどうしたことかお客さまが少なく、いつもお見えになる熱心なファンの方達だけで、お気の毒でした。先々週、小曽根さんの特別イベントでたっぷり美しいアルトの音色を聴くことができたせいかしら…。篤さんは、不思議に曲が次々と浮かんで新曲がたくさん出来てしまう、と喜びながらお披露目演奏。新曲には曲名が間に合わず、作曲日時がとりあえずのタイトルだそうです。Body And Soul のコード進行で♪Bread and Soup、洒落てますね。亡くなった辛島文雄(pf)さんとよく演奏していたので彼に捧げた曲など演奏しました。池田さんの優しさが伝わって来ました。
▶1st stage…池田篤作♪Sahelanthropus Tchadensis…サヘラントロプス・チャデンシス700万円前に生きていた霊長類、池田篤作♪8月31日のブルース…トリッキーなブルース昨年の作品、♪Bread and Soup…♪Body & Soul のコード進行で作曲、池田篤作新曲♪8月28日…スウィングチューンで。
▶2nd stage…池田作♪His Way of Life…故辛島さんに捧げた曲、♪Little Bird Blues…小曽根さんのバンドにもアレンジ、池田作新曲♪9月1日…アップテンポの曲でドラムスをフィーチャー、池田作新曲♪8月30日…だんだん盛り上がるバラード、池田作♪Spicy Island…これも故辛島さんに捧げた曲でした。バランスの良いユニットで聴きやすいオリジナル曲が多かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です