デイリーレポート

時代は変わってもベテランたちならではのステージ

時代は変わってもベテランたちならではのステージ

Kyoko

2019年06月22日 土曜日

0 コメント

▶今年はどうしたことでしょう、このところ毎夜、客席が寂しく暇な日が続いています。例年は、5月のGW後しばらくは、皆さん仕事の関係か行楽疲れか予算の関係か暇な夜もありますが、6月になると日常もお店も復活します。でも今年は…出演ミュージシャンに聞いたりしても不思議がる方が多いのです。まぁ世の中、いろんなエンタメはあるし、SNSの時代どこで何をやっているか情報が溢れているし、ライブジャズに限っても、ライブ演奏の聴けるお店は多いし…。世の中と時代とライフスタイルの変化のスピードが速くなり、どんどん変わっていくのを感じています。
▶そんな今日このごろ。長年の固定ファンの多い 山本剛(pf)さんのトリオ、サイドもおなじみ香川裕史(b) 大隅寿男(ds) さんで、剛さん久しぶりの当店金曜日の出演なので満席を期待していたのですが…残念ながらいつもよりお客さまが少なく、剛さんも驚いておられました。剛さん「やっぱり月曜のほうが良いのかなぁ」。世界は言うに及ばず、こんな小さなお店にとっても難しい時代になって来たことを感じています。
▶ステージは、いつものように譜面や段取りは一切なく、剛さんがピアノに座って頭に浮かんだ出た音にベースとドラムスが付けていく即興スタイルで、ミュージシャンもお客さまも楽しくなる「これぞライブジャズ」の魅力。私はだいぶ歳をとりましたが、元気でいる限りジャズという素晴らしい音楽を大切にしていきたい、とますます思うこの頃です。どうぞ皆さま応援よろしくお願いいたします。
▶1st stage…♪YAMA Blues、♪Smoke Gets In Your Eyes、♪Misty、♪Softly As In A Morning Sunrise、♪Blues。
▶2nd stage…♪Speak Low、♪Lovin’ Touch、♪Take The A-Train、♪Stompin’ At The Savoy、♪アラビヤの歌…昭和初期に日本で大ヒットした和製ジャズの流行歌、♪The Old Country、♪Trick Blues。
▶最後、アラビヤの歌の唄で終わろうとしたら、きれいな女性が三人入ってこられて、剛さん機転を利かせて、もう2曲演奏。終わってお話をしたら、台湾からいらした女性たちでした、あと1週間いるのでまた来ます、と喜ばれてお帰りになりました。昔のジャズクラブは、演奏者とお客さまはいつもこんな感じの対応と雰囲気でした。時代が変わってもこうありたいですね、ベテランたちならではのステージでした。

1906210519062103190621021906210419062101

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です