デイリーレポート

音色も演奏も息の合ったコンビネーションで選曲も素敵なジャズを堪能

音色も演奏も息の合ったコンビネーションで選曲も素敵なジャズを堪能

Kyoko

2018年07月25日 水曜日

0 コメント

▶連日猛暑続きの中、昨夜は兄弟フロントの《岡崎ブラザーズクィンテット》メンバー 岡崎好朗(tp) 岡崎正典(ts) 菊池太光(pf) 千北祐輔(b) 鈴木宏紀(ds) さんでジャズの名曲を、二管の音色が冴える演奏でたっぷり堪能させていただきました。この暑さで皆さん外に出るのが億劫になっているようですね。タクシーの初乗りが安くなったので助かりますが、流しているタクシーも少なくなって捕まえるのも一苦労でした。でも岡崎ブラザースの素晴らしい演奏に元気をもらいました。
▶1st.stage…F.シナトラのヒット曲♪Without A Song、ビング・クロスビーが歌った♪Out of No Where、♪Summertime…ミディアムテンポで演奏。トランペットをフィーチャーして♪A Ghost of A Chance…当店でもあまり演奏されない曲。アップテンポで♪Just In Time。
▶2nd.stage…ピアノイントロから♪Borivia、S.ロリンズの♪Doxy、ジョー・ヘンダーソン♪Recorder Me…スペイン語で Remember Me の意味、岡崎兄弟のソロが素晴らしかったです。テナーサックスをフィーチャーしてバラード♪Everything Happen To Me、F.ハバードの♪Bird Like…長いドラムソロ入りでした。アンコールはチャット・ベイカーの♪I’ve Never Been In Love Before。選曲もアレンジも音色も素敵な兄弟コンボ、きっとファンになられますよ。

180724071807240218072405180724011807240418072403

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です