【緊急事態 全面的に解除】
6/19(金)都の休業要請・国の移動制限、
全面解除
感染リスクのコントロールは
店舗と個人に任されました
当店は「ニューノーマル」のもと営業中です
We started live performances on May 26th
in line with the [New Normal] guidelines.
(2020年6月22日付 June 22nd)

デイリーレポート

スピード感あるサウンドに客席の反応も上々

スピード感あるサウンドに客席の反応も上々

Kyoko

2016年08月05日 金曜日

0 コメント

▶猛暑の中の木曜日は久し振りの 椎名豊(pf)さんのリーダートリオ、サイドはパット・グリン(b) 広瀬潤次(ds) さん。パットさんと広瀬さんのリズム隊は、1拍がゆったりしているのにスピード感のある素晴らしいリズム隊。椎名さんがそれに気持よく乗って自由に演奏されていました。店内は椎名さんのファンの殆どが女性の方で、バランスのとれたそんなジャズサウンドを皆さん熱心にお聴きになり、拍手も歓声も上がり、反応がとても良い客席に、ミュージシャンもノって活気と熱気あふれるライブになりました。
▶1st.stage…サム・ジョーンズ♪Bittersuite、椎名作♪Walkin’ in the Clouds…新しいアルバムのタイトル曲。G.ガーシュイン♪Nice Be or If You Can Get I、素敵な景色を思う浮かべて聴いて下さい、と椎名さん作のバラード♪Flowers、椎名作♪Blues Anticipation…メンバーの心がひとつになったいい演奏でした。
▶2nd.stage…先日当店で演奏しNYSQを率いてツアー中のティム・アマコスト(ts)さんが現れました。椎名さんとは古いお付き合いでアルバムも一緒に作ったことがあります。昨夜はツアーがオフで、このセットは全てティムさんが友情参加されました。椎名作♪Future Swing、♪Even、マルグリュー・ミラー♪PNJ、タッド・ダメロン作サラ・ボーンの持ち歌♪If You Could See Me Now…良い曲です。椎名作♪Tuck-A-Way…アップテンポの曲でそれぞれのソロが素晴しかった。アンコールは椎名作♪Eternal でした。ちなみにティムさんらNYSQは、今日は静岡で公演し、ティムさんは明後日、帰国されます。また来年ね。

16080601160806031608060216080604

Comments are closed.