3/26(木)から営業休止中ですが、この対応をさらに1週間
4/16(木)まで臨時休業を延期させていただきます。
We are closed from March 26th till April 16th.
《新型コロナウィルスへの対応 5th》
(2020年04月6日付)

デイリーレポート

素敵な企画に楽しい時間が流れた週末の夜

素敵な企画に楽しい時間が流れた週末の夜

Kyoko

2016年06月12日 日曜日

2 コメント

▶チャリート(vo) さんの《コール・ポーター特集》バッキングメンバーはユキ・アリマサ(pf) パット・グリン(b) 加納樹麻(ds) さんです。ユキさんは洗足音大の先生でもあり、かつてはバークリー音大でも先生をされていて英語が堪能な上、たくさんの曲を知っていて引き出しが豊富、パットさんもNYではブロードウェイで演奏されていましたし、加納さんも西海岸で勉強して活動していていろんなことができるドラマーです。チャリートさんも安心してこのような企画が出来、皆さん我が意を得たり。
▶こんな三人が曲を楽しみながらのステージで、チャリートさんも安心して、普段歌わないような曲の譜面も用意して、しっかり勉強して昨夜に臨んたようです。大変な準備や労力が要りますが、このような企画をすると、勉強するいい機会にもなって、1930年代の古い曲が今でも歌われていることに感動しながら歌った、ということでした。
▶1st.stage…ピアノトリオ演奏で♪I Love You、♪You’d Be So Nice To Come Home To You…バラードで演奏しましたが素敵でした。1930年の作品♪Love For Sale…ラテンのリズムで歌いました。1940年作ミュージカルの曲♪I Got My Eyes On You、1928年作♪Let’s Do It…エラ・フィッツジェラルドが大好きだった曲で、詞が面白い曲。♪I Concentrate On You…F.アステアが主演した映画で歌った曲、ドラムスバックに出た♪All Of You、ミュージカル「じゃじゃ馬ならし」から♪So In Love。ミュージカル「私にまかせて」から♪Leave It to Me ♪Get Out of Town。
▶2nd.stage…ベースをフィーチャーしてチャリートさん登場♪What Is This Call Love、♪In the Still of the Night、♪Miss Otis Regrets…上流社会の夫人が恋人を殺したからランチには来ないと歌っている曲、私も初めて聴きました。♪Just One oF Those Things、パリが好きだったコール♪I Love Paris、♪It’s All Right With Me、1953年作♪Any Thing Goes、♪I Get A Kick Out of You、アンコールは♪Every Time We Say Good Bye。とても楽しい楽しい時間でした。チャリートさん素敵な企画をありがとう。彼女は、またトライしたいと思ったそうです。期待していますよ。

1606110416061103160611021606110116061105

コメント2件

  1. 武富 晋一郎 says:

    お洒落な空間でコール・ポーターの曲と素敵なチャリートさんの唄を楽しむ事が出来ました。九州は佐賀の田舎から上京した私には、夢のような時間でした。ありがとうございました。
     チャリートさんのコール・ポーター作曲の唄を堪能し、お店とバンドが醸し出すお洒落な空間に酔いしれ、途中「ここはニューヨークか東京か」などと、奇妙な質問がわき上がり「東京青山」と自分に答える度、日本人として誇らしく思えました。
     私は今回2回目の来店です。前回は、家族連れでしたが今回は一人でしたので、後ろの方でこっそり聞くのがよいと思い、予約の際に会場を見渡せる所をリクエストしておりましたら、カウンター席Bに私の席を用意して頂きました。ご配慮、感謝申し上げます。
     また、ここで聞くライブ・サウンドは、私が知るライブ会場の内でも飛び抜けて音が良く、ライブに来ているのにも係わらず、その音に目を閉じて聞き惚れてしまいました。ステージ上の奏者が奏でる音が、絶妙なバランスで耳に届く希有な会場のひとつだ、と思います。
     ライブも終わり、カウンター席Bに座っていた見ず知らずの方達とお話をさせて頂く機会にも恵まれました。東京在住の方、新潟からお見えの方そして佐賀から来た私と短い時間でしたが、とても楽しい会話もさせて頂きました。これもお店の魅力のひとつだ、と思います。
     帰り間際、ママと写った写真は一生の宝物です。
    次回、お伺いできるのを楽しみにしています。夢のような時間をありがとうございました。

    • Kyoko says:

      武富さま
      遠いところからご来店頂き、また、素敵なコメントありがとうございます。
      過分にお褒めいただき、恐縮です。特に、音の良さをわかってくださると(いい音でライブジャズをお聴きいただきたい、という事にこだわって続けてきた私としては)大変うれしく思います。
      初対面の三人がお話されてるのが、とても楽しそうでした。ジャズ仲間っていいですね。ぜひまたいらしてください。お待ちしています。  Kyoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です