デイリーレポート

演奏もステージングも若い感性が素晴らしい

演奏もステージングも若い感性が素晴らしい

Kyoko

2016年05月12日 木曜日

0 コメント

▶私の大好きな若いミュージシャンたちの《SK3トリオ》菊池太光(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さん。試行錯誤しながら自分たちのサウンドを創り上げている向上心の固まりのような素晴らしいトリオです。楠井さんが自然にリーダー格となってステージを演出します。
▶菊池さんのピアノの音色は独特のまろやかで美しいタッチ。トリオのバランスもコニュニケーションもよくとれていて、良くスウィングします。このユニットのテーマ曲も作り、菊池ピアノに合わせてサイドの二人が指を鳴らしながら登場するなど、お客さまを楽しませるステージングも素敵。コアなジャズファンを楽しませました。中に、いつも地方で当店の USTREAM 中継配信を見ておられ、東京勤務になって初めていらした方が大変感動されていましたよ。
▶1st.stage…菊池さんがひとりのステージで弾き始め、後から楠井さんと山田さんが指を鳴らしながら登場してテーマソング♪SK3 Blues から開演。H.シルバー♪Ecaroh、ジョニー・アルフ作 Rapaz de Bem(心優しい青年)…A.C.ジョビンの曲と言われていますが実際はボサ・ノヴァ創生に大きく寄与したブラジルのピアニストの曲。C.ミンガス♪Duke Ellington’s Sound of Love…楠井ベースのソロから始まりました。バラード♪Smoke Gets In Your Eyes…美しい音色でした。J.ホール♪Careful…普通ブルースは12小節ですがこの曲は16小節で出来ているのでタイトルで「気を付けて」と言っています(MC担当は菊池さんでした)
▶2nd.stage…P.メセニー♪Uncluity、楠井アレンジのスタンダード曲♪Three Little Words、楠井作♪160307(きっと何かがあった日にちですね)、楽しい曲♪Funji Mama、H.シルバー♪Peace…名曲ですね。B.パウエル♪Tempus Fugit(光陰矢のごとし)。
▶ここで聴きにいらしていたマリーンさんに、私が無理にお願いして歌って頂きました。マリーンさんはメジャー・デビューする前の当店六本木時代から古〜いお付き合いで、近くにいらした際はよく立ち寄って下さいますが、私も随分聴いてなかったので、しばらくぶりに聴きたくなったのです。《SK3》と菊池さんの美しいバッキングで♪Misty を歌われました。この曲歌うのは何年ぶりかしら、ということでしたが、さすがスターですね、素晴しかったです。お客さまも思いもよらないシンガーの飛び入りに喜んでおられました。マリーンさん、久し振りに聴けて嬉しかったワ、どうもありがとう。
▶マリーンさんの後、アンコールに応えて再び登場、D.エリントン♪A Train、そして再びユニットのテーマ♪SK3 Blues で〆ました。次回の《SK3》は6月27日です。まだ「知名度」がなく客席が寂しのは残念です。コアなジャズファンにも、ジャズ初心者にも、お薦めです。ぜびこの私が見込んだ若いトリオを聴きにいらしてください。これからもどんどん進化していきますよ。

16051102160511011605110316051104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です