デイリーレポート

帰国直後 旅の疲れも何のそのリラックステージ

帰国直後 旅の疲れも何のそのリラックステージ

Kyoko

2016年04月10日 日曜日

0 コメント

▶先日の欧州旅行から帰国した後、すぐまた仕事でモロッコへ。その帰国成田からの帰路、直接当店に入ったグレース・マーヤ(vo,pf) さん。時差ボケもなんのその元気に演奏されました。サイドメンは坂崎拓也(b) 河村亮(ds) さん。何でもモロッコで飛行機をミスしてしまい、河村さんに「出演は間に合わない」と連絡した後すぐ運良く飛行機がみつかって、そのまま成田まで。連絡を受け気をもんでいた男性陣もホッとされていました。
▶マーヤさんはどこでも言葉に不自由しないので、あまり気にしないようですが、普通の人はコミュニケーションに時間がかかりとてもこうはいきません。でもマーヤさん、これからはあまり危ない橋は渡らないでね。モロッコでは、現地のミュージシャンとセッションしたそうです。ミュージシャンは楽器さえあればどこに行っても溶け込めるようです(特に人懐っこいマーヤさんは)。詳しい話は聞けませんでしたが相当楽しかったようで、そのうちきっと聞かれると思いますよ。
▶1st.stage…F.シナトラが歌っていた♪Summer Wind、マイケル・フランクス♪Antonio’s Song、懐かしいカスケーズの♪Rhythm of The Falling Rain(悲しき雨音)、英国のシンガー&バンドシャーデーの♪Kiss of Life、これからロシアに行きましょうとイントロのピアノが美しいロシア民謡が原曲の♪黒い瞳、カーペンターズの♪Closs To You、続いてスペインに行きましょうと♪Quien Será(キエン・セラ)マーヤさん、音楽も世界のどこへも行きます。
▶2nd.stage…♪Old Devil Moon、♪I Can’t Get Started(言い出しかねて)…G.ガーシュインのお姉さまアイラ・ガーシュインの詞で映画の中でボブ・ホープが歌ってヒットしました。スティングの♪Englishman In New York…英国人とは彼自身のこと。♪さくらさくら のイントロから♪My Favorite Things、♪Wish You Were Here、戦場にいる恋人を思う歌♪I’ll Be Seeing You、いきなりドラムソロにあずけたイントロから♪Caravan、アンコールは♪One For My Baby。
▶明るく楽しくお客さまに話しかけながら、疲れも見せずに演奏しました、そんなマーヤさんを男性2人が優しくサポートした気持の良いライブでした。マーヤさんお疲れさま、ゆっくり休んで下さいね。

16040902160409041604090316040907

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です