【時短営業の要請は全面解除】
都は飲食店に対して10月25日以降
時短営業と酒類の自粛要請を全面解除
新たなウィズコロナ時代へ
(2021年10月22日付 Oct.22nd)

デイリーレポート

欧州出身のピアニストらしい音楽世界を展開

欧州出身のピアニストらしい音楽世界を展開

Kyoko

2015年04月24日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は【BODY&SOUL Special】《ヨーロッパの風》ルクセンブルグ出身で今はNYに移り住んで活躍中のピアニスト、ミシェル・レイス(pf)さんのツアーで、サイドメンは須川崇志(b)石若駿(ds)西口明宏(ts,ss) さん。昨年の来日はピアノトリオでしたが、今回はサックスを入れてのクァルテット編成です。ちなみに2枚目のアルバムもクァルテットでリリースされています。そのピアノは欧州出身らしい品の良いという表現がピッタリくるタッチで、昨夜は全編オリジナル曲を演奏されました。須川さん石若さんは昨年も共演されていますが西口さんは初めてで、テナーとソプラノサックスを曲によって持ち替えての演奏でした。
▶1st.stage…♪Half Asleep Beneath The Stars、♪Repercussions、ソプラノサックスをフィーチャーしてバラード♪Pastoral、♪Forest Scean、ソプラノサックスで♪Capturing This Moment。
▶2nd.stage…♪Dry Winds and Dead Sands、♪Galapagos、♪What Comes Latter,I Can Think About Later、♪Twin Lakes、ソプラノサックスで♪Seduction、アンコールは♪Until The Next Time…(またね)ということで終演。
▶ミシェルさんの欧州の血が流れる音楽世界と、綺麗なタッチのピアノを活かしたワンホーン・クァルテットジャズ、今年は4カ所だけの日本ツアーで、今夜の静岡が最後のライブです。お近くの方、ぜひ聴いてみてください。

1504230115042302150423031504230415042307

Comments are closed.