【“50周年の夏” 特別企画 目白押し】
7月末~8月~9月まで
“ジャズ専門店”ならではのステージ
ここは人生を豊かにする“サードプレイス”
8月スケジュール更新/公開
(2024年7月1日付 July 1st.)

デイリーレポート

苦境にある親友への想いと祈りを込めた熱い演奏

苦境にある親友への想いと祈りを込めた熱い演奏

Kyoko

2015年01月27日 火曜日

0 コメント

▶昨夜のステージは、先週21日水曜日の私のステージレポートで少しお話しましたが、いま「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんと中学以来のご親友であるトロンボーン奏者片岡雄三さんのリーダークァルテットでした。メンバーは片岡雄三(tb)さんと出口誠(pf) 生沼邦夫(b) 高橋徹(ds)さんです。日本を代表するトロンボーン奏者の一人でユーモラスな語り口のMCでも人気の片岡さん、タッチが奇麗なピアノの出口さん、役割を心得たベースの生沼さん、しっかりしたリズムでバンドの要を果たす高橋さん、この4人が一緒に揃って当店で演奏するのは昨夜が初めてでした。
▶片岡さんの控えめなMCでは、後藤健治さんは中学の同級で同じく吹奏楽部に所属し、彼はトランペットを吹いていたそうです。当店にも何度かいらしてくれたこともあり、片岡さんのオリジナル曲に曲名をつけるほどの仲で、昨夜はその曲も演奏されました。まさか、親しい人がこんなことになるなんて、と最初は驚かれたそうですが、いまは何も出来ないもどかしさを感じながらお仲間たちといろいろと情報をメール交換しているそうです。無事で帰国する事をただ祈るしかない、と話されていました。そんな片岡さんのステージは、皆が心をひとつにした熱い演奏でした。
▶1st.stage…C.ポーター♪In The Stillness of Night、A.C.ジョビン♪Wave、ベースイントロから♪Someday My Prince Will Come、G.ガーシュイン♪Someone To Watch Over Me、スタンダード曲♪Cherokee…クラシック音楽をジャズでやってたC.バネット楽団のテーマ曲、ピアノトリオから出てアップテンポで。
▶2nd.stage…♪It Might as Well be Spring、A.C.ジョビン♪Someone To Light Up My Life、♪A Felicidade…片岡さん曰く、この2曲は同じ作曲者ですが全く違う曲想です。同じ人間なのにどうしてこんなに違う曲が書けるんだろう、羨ましい、と。そして、後藤さんの話しをされてから♪祈り…もとは3.11の後で作られたしっとりと美しい曲です。続いて、後藤さんが名付け親である♪Turkish Train(トルコの列車)…この曲が最初に紹介されたのは当店で4,5年前でした。あの頃から彼は中東で活躍されてたのですね。私は聴いているうちに涙がこぼれてしまいました。アンコールはバラードで♪Crazy He Calls Me…この曲はB.ホリデイが歌っていますね。
▶いつもは演奏が終わると終電に間に合うよう帰られる片岡さんも、昨夜はお客さまと遅くまで話し込まれていました。心配であまり夜は眠れないそうです。片岡さんお疲れさまでした。昨夜の演奏に込めた想いや皆さんの祈りが世界に届くと良いですね。後藤さんが元気で帰国されて、また当店に遊びに来て楽しんでいただけることを祈るばかりです。

15012602150126011501260315012607写真 2015-01-27 13 04 30

Comments are closed.