【4回目の緊急事態発令に伴う対応】
当店はこれまで通り都の要請を順守
7/12(月)から8/22(日)まで
酒類提供を自粛し
20時までの時短営業もしくは
デイタイムライブで対応します。
(2021年7月9日付 July.9th)

デイリーレポート

緊張感溢れる究極のデュオ・サウンドに感動

緊張感溢れる究極のデュオ・サウンドに感動

Kyoko

2014年10月08日 水曜日

0 コメント

▶NY在住の北川潔(b)さんは、かつて小曽根さんのコンボのベーシシストで、今はケニー・バロン・トリオのレギュラーですが、ブルーノート東京でK.バロン公演をされた時、当店に立ち寄られました。その時たまたま弾いていたのが片倉真由子(pf)さん。そのピアノに惚れ込み、ぜひ一度一緒にやりたい、と熱望され、私用で一時帰国する機会に、と実現したのが昨夜のデュオでした。真由子さんも名門ジュリヤード時代、ケニー・バロンが先生だったこともあり、快諾でした。
▶私が《スーパー・デュオ》と銘打った通り、音が出た瞬間から店内の空気が張りつめ、緊張感のある素晴らしい演奏がはじまりました。あまりの演奏の凄さに、皆さま休憩時間になっても感動が続いているようでした。クルージング・チケットで当店に回ってこられた方も、そんな店内の空気を感じて、皆さん静かに熱心に聴いてくださいました。クルージングでいらっしゃる方は必ずしもジャズファンではないので、緊張感溢れるこういうジャズを静かに聴いてくださるかしら、と少し心配でしたが、やはり凄い演奏は誰をも感動させるようです。
▶1st.stage…ジャズミュージシャンが好んで演奏する名曲からスタートD.ブルーベック♪InYour Own Sweet Way、T.モンク♪Evidence…北川さんの長い素晴らしいベースソロからはじまり真由子さんが弾いたソロのテーマも最高でした。D.エリントン♪Prelude To a Kiss…普通はバラードですが昨夜はラテンのリズムで。そしてミディアムテンポで快調にスウィングする♪I’ll Remember April、マイルス、パーカー、ロリンズなど多くのジャズメンが愛したスタンダード曲C.ヘイドンの♪Silence、B.フリゼール♪Throughout…もの凄く美しい曲、F.ハバード♪Bird Like。
▶2nd.stage…C.パーカーのブルース♪Chery、K.バロン♪Twilight Song …この曲は北川さんの奥様のリクエストでした。ちなみに奥様もベーシストです。W.ショーター♪Prince of Darkness、G.ガーシュイン♪Embraceable You、ベースソロでメドレー♪My One and Only Love〜♪Fly Me To The Moon…素晴らしかった !!  ♪Stairway To The Stars、♪Maiden Voyage、アンコールはB.ストレイホーン♪Isfahan。お互いが認め合い尊敬している究極のデュオ演奏、ともいえる素晴らしいステージでした。

141007314100721410071

Comments are closed.