【緊急事態延長に伴い引き続き時短営業】
新タイムテーブルと措置で時短営業中のところ
ライブジャズ文化と演奏家の活動の場を守るため
3/7まで引き続き現在の対応を延長します。
The state of emergency has been
extended till March 7th.
We will continue to activities
with a new timetable and measures.
(2021年2月3日付 Feb.3th)

沿革・歴史

1988年

ayagu

2014年08月14日 木曜日

0 コメント

内外の多数のミュージシャンを集めて開催された、複数のライブハウスを動員したジャズのコンサートイベント「六本木ジャズヴィレッジ」(後援=サントリー、協賛=日本テレビ、博報堂)を企画、総合プロデュースし成功を治める。また、単身渡米し、新人発掘と招請に、オーガナイザーとして活躍する。MJQの面々、トミーフラナガン、フィリージョーンズ、エルビンジョーンズ、ペトルチアーノ、リチャードティー、アートブレイキー、ベニーグリーン、セシルテイラー、チックコリア、ドンチェリー、まだ無名だったブランフォードマルサリス。そして、ナンシーウィルソン、カサンドラウィルソン、ディディブリッジウォーター…この間訪れ、今だに親交の深いミュージシャンを上げれば、枚挙にいとまがない。スティービーワンダーやピーターフォーク(刑事コロンボ)など、噂を耳にして訪れたセレブ達も、ジャズ界だけにとどまらない。また、伊藤君子やマリーン、金子晴美、チャリート、上野尊子、五十嵐一生、野力奏一…など、この六本木店から大きく育っていったミュージシャンも数多い。

Comments are closed.