デイリーレポート

とても気持ちのいいトリオサウンドに新ユニット名!

とても気持ちのいいトリオサウンドに新ユニット名!

Kyoko

2019年07月03日 水曜日

0 コメント

▶昨夜の《田中菜緒子トリオ》のメンバーは、田中菜緒子(pf) 市原ひかり(tp,vo) 伊藤勇司(b) さん。菜緒子さんの粒の揃ったきれいなピアノに、トランペット・フリュゲルホーンそれにボーカリストとしての ひかりさん、どっしりした伊藤さんのベースサポート…。バランスもよく、メンバーの音の会話がスマートにスムーズに進み、とても気持ちのいい心に届く演奏でした。
▶ひかりさんの歌は自然体で、スキャットも上手く、私はふとシーラ・ジョーダンさんを思い出しました。ひかりさんはイラストも上手で、CDのジャケットはご自分でデザイン。いろいろな才能があり英語も上手で、きっととても感受性豊かなのでしょう。音楽的な相性だけでなく性格的にも相性がとてもいいんだと思います。また聴きたいと思い、次回10/13連休の日曜日に決まりました。次回は新ユニット名《ウィン・ブライト=WIN BLIGHT》に決まりました。音楽的でとても楽しいトリオです、ぜひ聴きにいらしてください。きっとお気に召しますよ。
▶1st stage…インスト演奏で2曲、H.ハンコック♪Driffin、菜緒子作♪NYの思い出。ひかりさんボーカル入りでM.デイビスの♪Bebop Lives…シーラさんも歌っていました。ジミー・ヴァン・ヒューゼン♪But Beatitifel、ビリー・メイヒュー♪It’s A Sin To A Lie (嘘は罪)。
▶2nd stage…スタンダード曲 I Hear A Rhapsody…とてもカッコよかった!A.C.ジョビン♪Chega de Saudade (No More Blues)…スキャットで。♪How My Heart Sings…エバンスの演奏で知った曲だそうでボーカルとフリューゲル・ホーンで。インストでスタンダード曲♪Old Folks、ハロルド・アーレンの♪My Shining Hour…トランペットとスキャットで。アンコールは♪It Could Happen To You。次回《WIN BLIGHT》楽しみです。

1907020219070204190702071907020319070205190702081907020619070201190702010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です