デイリーレポート

もったいない気持ちでいっぱいのいい演奏と選曲

もったいない気持ちでいっぱいのいい演奏と選曲

Kyoko

2019年06月11日 火曜日

0 コメント

▶寒い雨の月曜日、 近藤和彦(as) 岡崎好朗(tp) 岡崎正典(ts) 片倉真由子(pf) パット・グリン(b) 横山和明(ds) さんという豪華メンバーの《BSスペシャルセクステット》そのバージョンB。皆さん自分のバンドも持っている忙しい人達が集まって、このメンバーで演奏したい曲を持ち寄って演奏。MCは近藤さんが担当しました。1969年から1987年までの曲が演奏され、私の若い頃で懐かしい感じがしました。海老澤一博 伊藤君子さんご夫婦が聴きにいらして「良いバンドだねぇ」と大変褒めておられました。ご夫婦は時々、他人の演奏を聴きにいらっしゃいます。勉強熱心とお仲間を大切になさるミュージシャンシップに感心します。聴きにいらしていた若手アルト奏者、江沢あかねさんを呼び出して一緒に演奏。寒い雨が激しく降る中、このユニットを聴きにいらしてくださった方々に、ミュージシャンも私も感謝の気持ちでいっぱいになりました。
▶1st stage…テナー奏者ジョー・ヘンダーソン♪Mamacita、W.ショーター♪This Is For Albert…Albertはバド・パウエルの本当のファーストネーム、D.ガレスピー♪Tour De Force、W.ショーター♪Infant Eyes、M.タイナー♪Inner Glimpse。
▶2nd stage…J.マクリーン♪Appointment In Ghana、ピアニストで確か昔〜しウチで演奏したことがあるジョージ・ケイブルスの♪Think On Me、マルグルー・ミラー♪Wingspan、ホレス・シルバー♪Peace、K.ドーハム♪Minor’s Holiday、アンコールは江沢あかね(as)さんがシットイン参加でトランペット奏者ブルー・ミッチェルの♪Fungii Mama でした。満席の客席で聴きたい素晴らしい選曲と演奏でした。

190610011906100219061003190610051906100419061007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です