デイリーレポート

シンプルな編成も内容は豪華なビ・バップな演奏

シンプルな編成も内容は豪華なビ・バップな演奏

Kyoko

2019年06月07日 金曜日

0 コメント

▶《増原巌OMD=One More Drink》レギュラーメンバー 増原巌(b) 市原ひかり(tp) 石田衛(pf) さんのドラムレストリオ。増原さんはNYで4年間過ごして帰国してからもう長いですが黙々と自分の音楽を追求されている方で、最近はこのトリオで活動されています。しっかりビ・バップを受け継いでいる石田さんと、最近はトランペットのほか勉強してボーカルをはじめられた ひかりさん。心が通じている三人とも、打ち合わせ無しの即興演奏もあるなど、演奏を楽しんでおられました。シンプルで説得力のある演奏を楽しませていただきました。
▶1st stage…ニコラス・ブロズスキー♪Be My Love、サド・ジョーンズ♪Thedia、S.ワンダー♪Too Shy To Say…ひかりさんフリューゲル・ホーンで。ひかりさんのボーカル入り♪Boplicity…作曲者クレオ・ヘンリーはマイルスの母親の名前をもじってつけた名前で本当の作曲者はマイルスとギル・エバンスといわれています。ボーカル入りでハロルド·アーレン♪My Shining Hour。
▶2nd stage…♪Blues in B♭…打ち合わせ無しの即興演奏から始まりました。G.ガーシュイン増原アレンジ♪It Ain’t Necessarily So、増原作♪Orgel…ミルトをつけた(tp)で。増原作♪Indigo Blue、増原作♪That’s Not Cool At All…25歳の頃に作られた曲だそうです。アンコールは♪Time On My Hans…ひかりさん(flh)でした。

19060604190606071906060619060605190606031906060819060601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です