デイリーレポート

完成度の高い心奪われる気持ちのいいトリオサウンド

完成度の高い心奪われる気持ちのいいトリオサウンド

Kyoko

2019年06月05日 水曜日

0 コメント

▶レギュラーメンバー 椎名豊(pf) パット・グリン(b) 広瀬潤次(ds) さん。スピード感とよくスウィングする気持ちのいい、まさにピアノトリオの見本のような《椎名豊トリオ》サウンドに圧倒されました。スタンダード曲と椎名さんのオリジナル曲を演奏されましたが、いつもながら見事な演奏に心奪われました。椎名さんは今月末からNYに2週間ほど行くようですが、向こうでは色んなバンドにシットイン参加することになっていると言うことです。オーケストラ用にアレンジした譜面も持って行って、向こうのオーケストラに演奏してもらう予定もあるようです。椎名さんは音楽に対してハングリー精神を忘れず、色んな思いを実現もさせている素晴らしいミュージシャンだと私は思います。聴いていて、そんなことも自然に納得いく演奏でした。
▶1st stage…サム・ジョーンズ♪Bitter Suite、椎名作♪Walkin In The Clouds、♪Broadway、椎名作♪Glow Of The Sunset、ホーギー・カーマイケル♪Skylark、椎名作アップテンポで♪Future Swing。
▶2nd stage…マルグルー・ミラー♪PNJ、椎名作サルサのようなリズムで♪Summer Mist、ジルバのワルツ ファッツ・ウォーラーの♪Jitterbug Waltz、ベースをフィーチャーして♪I’m Confessin’…客席から歓声が上がりました。ジェローム・カーンミュージカル曲♪Smoke Gets In Your Eyes、椎名作♪River、椎名作♪Tuck-A-Way、アンコールは♪Don’t Mean A Thing (スウィングしなけりゃ)…どの曲もよくスウィングしていましたよ。デュワ・デュワ…

19060406190604021906040519060407190604031906040419060401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です