デイリーレポート

マルチリンガルらしい豊富多彩なレパートリーを堪能

マルチリンガルらしい豊富多彩なレパートリーを堪能

Kyoko

2019年06月01日 土曜日

0 コメント

▶5月の最終日は金曜日、マーヤさんの弾き語りトリオのステージ。メンバーは、グレース・マーヤ(pf,vo) 小泉P克人(b) 菅野智昭(ds) さんです。今年は変な時期にインフルエンザが流行っているようですね。これも変な気候のせいかしら。マーヤさんのお嬢さんも学校でうつったらしく、昨日は39℃の熱が出て大変だったようで、お店に入るのが遅れリハーサルの時間もなくぶっつけ本番でした。が、サイドメンは前にも一緒に演奏しているので何ら支障もなくステージはスムーズに進行。スタンダード曲からポップス、カントリー、童謡のメドレーなど、クラシックで鍛えた粒の揃ったピアノとマルチリンガルのボーカルのステージで、お聴きになっていた外国人のお客さまも「とても良かった」と褒めてくださいました。
▶1st stage…オリジナルはコーラス・グループのドリフターズの曲♪Save the Last Dance for Me、元はカントリーソング♪Cold Cold Heart、♪A Felicidade (悲しみよさよなら)、C.ポーターのミュージカル ナンバー♪So In Love、ロックの曲トム・ウェイツ♪Jockey Full Of Bourbon、ホレス・シルバー♪Peace、シャーデーの曲♪Kiss of Life。
▶2nd stage…ビリー・ホリデーの歌った♪Don’t Explain、童謡ジャズメドレーアレンジはマーヤさん♪Antagala Dolcosa〜Akai kutsu〜My favorite things、スタンダード曲♪Temptation、夏をテーマに♪Estate (イタリア語で夏)〜♪Summertime、メリー・ポピンズより♪Chin Chim Chene、マーヤ作♪Sad Samba、ニーナ・シモンが歌ったブルースナンバー♪Trouble In Mind。マルチリンガルらしい多彩なレパートリーですね。

1905310719053108190531021905310519053104190531061905310919053101

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です