デイリーレポート

ボーカルも魅力的でMCも面白く和やかなステージ

ボーカルも魅力的でMCも面白く和やかなステージ

Kyoko

2019年05月04日 土曜日

0 コメント

▶伊東真紀(vo) さんをゲストに迎えた 金森もとい(b) 田窪寛之(pf) 山田玲(ds) さんの《金森もといトリオ》は、初顔合わせでしたがとても楽しいライブになりました。金森さんと真紀さんの下準備がきちんとなされていて、出す音に責任を持ってライブに臨んでいるのを感じるステージでした。シンガーの真紀さんは多彩なフィールドで様々な活動されていますが、このようにジャズ・スタンダード曲だけでステージを務めるのは初めて、ということでしたが、低音から高音まで綺麗に声がよく出て聴きやすく、とても良かったです。金森さんがMCをなさいましたが、話がなかなか面白くて客席は笑い声に湧きました。ピアノトリオ演奏もとても良くて、和やかな気持ちの良いライブでした。
▶1st stage…映画監督でもあるビクター・シャーツィンガーの曲♪Tangerine、金森作♪Star’s Duty。真紀さん登場チャップリンの「モダン・タイムス」のテーマ曲♪Smile、B.エバンス♪Waltz for Debby、A.Cジョビン♪Triste、D.エリントン♪Caravan。
▶2nd stage…金森作♪Metro Maniac、スタンダード曲♪Spring Can Really Hang You Up The Most。真紀さん登場♪Night And Day、ジョージ・シアリングの名曲♪Lullaby of Birdland、M.ナシメント♪Bridges、C.ポーター♪Love For Sale。アンコールは、エロル・ガーナー♪Misty…普通はバラードで演奏されることが多いのですが、4ビートも新鮮で素敵でした。
▶ほとんどの曲が金森さんのアレンジ。金森さんのお話もこんなに面白いことも私は始め知りました。このトリオはツアーをされていますが、田窪さんも金森さんも忘れ物などもされるのに、一番しっかりしているのは一番若い山田さんだそうですよ。

1905030919050301119050307190503051905030619050301019050301219050304190503013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です