デイリーレポート

「幼なじみ?!」が応援に現れて連弾で音の会話も

「幼なじみ?!」が応援に現れて連弾で音の会話も

Kyoko

2019年03月20日 水曜日

0 コメント

▶昨夜は「ソロピアノで若井優也の世界」をファンの方と一緒に楽しみました。最初のセットの途中でフラリと宮川純(pf)さんが聴きにみえました。宮川さん、昨日はレコーディングでオルガン(宮川さんはオルガニストでもあります)を弾いていたら無性にピアノが聴きたくなり、どこか誰か良い人がやっていないかとウェブを見たら当店が若井さんだったのでやって来られたのでした。若井さんとは同じ名古屋出身で、小学生の時からコンクールでよく一緒になり、いつも1年年長の若井さんと優勝と準優勝を分け合った仲だそうです。その頃は二人ともプロのジャズミュージシャンになるとは夢にも思っていなかったそうです。若井さんも大喜びで、次のセットで連弾も何曲か弾かれました。
▶1st stage…スタンダード曲♪Bye Bye Black Bird、C.ミンガスがエリントンに捧げた♪Duke Ellington’s Sound of loves、続いてD.ブルーベックがエリントンに捧げた曲で歌詞も付いている♪The Duke、若井作♪Will、ソニー・ロリンズ♪Oleo、♪Blame It On My Youth…多くのシンガーに歌われますがピアノソロもいいですね、スタンダード曲♪I’m All Smiles。
▶2nd stage…連弾から始まりました♪What Can I Turn To…二人はとても楽しそう、ソロで♪Candy…ご本人は苦手な曲だということでしたがどうしてどうして、B.エバンス♪Two Lonely People、ショパンのエチュード(練習曲)変ホ短調♪作品10-6…クラシック曲をいじるのは好きではないけれど私なりに演奏します、と。ミュージカル「グラッド・トゥー・シー・ユーから」♪Guess I’ll Hang My Tears Out To Dry (涙乾くまで)、J.コルトレーン♪Giant Steps、アンコールは連弾で♪Now’s The Time…幼なじみの二人、そのころの会話が弾んだに違いありません、ふたりの音の会話がとどまることなくどんどん発展していく面白さを演奏者自身が楽しんでいるようで、素晴らしアンコールになりました。お客さまも思わぬハプニングに大喜び。若井さん、そして宮川さんありがとうございました。

1903190719031902190319061903190819031909190319011190319012190319013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です