デイリーレポート

嬉しいハプニングもあった気持ちのいい演奏

嬉しいハプニングもあった気持ちのいい演奏

Kyoko

2019年01月13日 日曜日

0 コメント

▶すっかり元気になった池田篤さんリーダーのクァルテット、熊谷ヤスマサ(pf) 池尻洋史(b) 濱田省吾(ds) さんのレギュラーメンバーが揃っての久々の出演でした。池田さんのアルトの音色が美しくよく歌い、とても気持ちのよいサウンドでした。小曽根真さんも1st セットのはじめからいらして熱心に聴いておられ、2nd セットでは、ビリー・ストレホーンの曲を演奏してくださいました。お客さまは、思わぬハプニング演奏に大感動。世界の小曽根さんを眼の前で聴けるのですからね。私も新年早々、元気づけられました。
★お願い
昨夜、池田さんがMCで「お見舞金カンパのご協力」を皆さまにお願いするまで、私もしりませんでしたが…ピアノの野本晴美さんが乳がんになり今月18日の当店出演後、翌日から病院されるということです。まだお子さまも小さく、これから頑張らなければなりません。ぜひ皆さまのご協力をお願い致します。昨夜は、池田さんが封筒を用意してカンパを募り、多くの方々がご協力してくださいました。どうぞ励ましのお言葉とカンパ、よろしくお願いいたします(レジ横に募金箱が置いてあります)
▶1st stage…池田作♪サヘラントロプス・チャデンシス…アフリカのチャドの現地語で「生命の希望」という意味の700万年前にいた類人猿、池田作♪昨秋作ったボサノバ、池田作♪Is It Me ?…スタンダード曲「It’s You or No One」のコードチェンジした曲、池田作♪野本晴美さんをイメージして作曲、♪Bread And Soup…当店の社歌「Body And Soul」のコードチェンジ。
▶2nd stage…池田作♪タイトル未定…11/20に作った曲、ブラジルのピアニスト ルイス・エサの♪Imagen。ここで小曽根真さんがシットイン演奏ビリー・ストレイホーンの♪Istahan、池田作故辛島文雄さんに捧げた2曲、いすれもタイトル未定。

190112061901120819011203190112071901120219011201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です