デイリーレポート

楽器がよく歌いよくスウィングするクァルテットサウンド

楽器がよく歌いよくスウィングするクァルテットサウンド

Kyoko

2019年01月10日 木曜日

0 コメント

▶このところ冷え込みますねぇ、特に老人の私にはまるで冷凍庫の中にいるような寒さです。最近は皆さん身体も贅沢になってきてるようで、夜は早く帰宅したくなるのもわかります。せっかくの良い演奏も聴き手が少ないとミュージシャンに申し訳なく思い心が痛みます。ライブジャズはミュージシャンと聴き手が一体となって作り上げる音楽。どちらにしてもこの寒さはこたえますね。そんな中、浜崎航(ts,fl) 若井優也(pf) パット・グリン(b) ジーン・ジャクソン(ds) さんという素晴らしいメンバーで、良くスウィングし楽器が良く歌う演奏が繰り広げられました。
▶1st stage…浜崎アレンジのS.ロリンズ♪Without A Song、ジョーイ・カルデラゾ♪Midnight Voyage、H.ハンコック♪Chan’s Song…デクスター・ゴードンが演じた映画「ラウンド・ミッドナイト」でお馴染み、浜崎作フルートで♪When I Am In The Ocean…「海男」ほ浜さんが海に潜っていくときをイメージした曲、浜崎作あるばタイトルにもなっている♪OASIS。
▶2nd stage…♪Morning In GAJA…ガヤ無人島の朝、C.ブラウンのブルース♪Sandu Blues、♪めぐり逢い…ケーリー・グラントとデボラ・カーの映画より、浜崎作♪Crescendo in Tramint…夕日の沈む様子がモチーフ、♪Days of Wine and Roses(酒と薔薇の日々)、アンコールはW.ショーターがB.ホリデーに捧げた曲♪Lady Day。

190109021901090119010904190109051901090319010910

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です