デイリーレポート

故人を偲んで選曲も素敵だった温かな演奏

故人を偲んで選曲も素敵だった温かな演奏

Kyoko

2018年11月15日 木曜日

0 コメント

▶スケジュール欄の「Kyokoのデイリー・コメント」欄にも書きましたが、大口さんの良き理解者であられた故人(当店の常連さん)のお兄様がいらっしゃって、ご健在。で、夕刻から日本橋のお寿司屋さんで、お知り合いの方とご一緒に、故人の思い出話をしながら、ご馳走になりました。とても美味しかったです。
▶「大口純一郎セクステット」メンバー 大口純一郎(pf) かただ新一(ts) 市原ひかり(tp) 米木康志(b) 吉良創太(ds)」の大口さんは、東工大ジャズ研の故人の後輩になります。ゲストの かただ新一(ts) さんも故人と同級生ジャズ研でした。かたださんとひかりさんは相性が良い綺麗な音色でとても良かったです。かたださんは楽器のメンテナンスをキチンとなさっていて、昨夜も楽器屋さんが付いておられました。感心します。昨夜の選曲は、普段あまり聴かないような曲が演奏されて、バラードなどは泣けてきそうに良かったです。
▶1st.stage…W.ショーター♪Night Dreamer、フランク・レッサー♪I’ve Never Been In Love Before、♪Imagem、チャーリー・ヘイデン♪First Song」、ジミー・スミス♪Johnny Come Lately。
▶2nd.stage…フレディ・ハーバードの♪Little Sunflower、♪Tunkin deep freeze、。K.ドーハムでお馴染みC.ベイカー♪My ideal、大口作♪Kurami psm…故人のこと。アンコールはスタンダード曲♪Do You Know What It Means To Miss New Orleans。とても温かく気持ちのこもった演奏で、お兄さまも喜んでおられました。音楽が結びつけた若い頃の関係って、何年経っても素敵ですね。

181114041811140818111401218111401318111402181114011811140318111409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です