デイリーレポート

久し振りにほぼ満席で賑わってリラックスしたステージ

久し振りにほぼ満席で賑わってリラックスしたステージ

Kyoko

2018年11月04日 日曜日

0 コメント

▶このところ寂しい客席の夜が続いていたのですが、土曜の夜の《山本剛トリオ》は満席に近く客席が埋まり、店内が久し振りに活気付きました。ジャズクラブはこうでなければいけませんね。サイドメンバーは 香川裕史(b) 大隅寿男(ds) さんのツーカーの仲間。いつものように譜面は一切なし、剛さんの頭の中の引き出しを探るようにピアノを奏でると、ベースとドラムスが阿吽の呼吸でつけていくステージ。
▶1st.stage…♪Yama Blues から始まって♪Bésame Mucho、♪Misty、♪Cheek to Cheek、映画「チャーリーとチョコレート工場」から♪Augustus Gloop、♪Look of Love。
▶2nd.stage…リクエストで♪Misty…さっきとはは違うスタイルで演奏。♪A Girl from Ipanema、♪Loving Touch…この曲が聴きたくていらしていた当店常連のご夫婦がおられましたが、ご主人お亡くなりになると奥さまがお一人でいらっしゃって、剛さんはいつも彼女のために演奏されます。♪Blue Moon…浮気しないでよそ見しないで、と歌入り、♪Nature Boy、♪Septemnber In the Rain、トワ・エ・モア♪誰もいない海、♪My Foolsh Heart、アンコールは♪(アラビヤの唄)、そうしていつものように♪旦那呑ましてちょうダイナで終演でした。
★今朝、ロイ・ハーグローブさんの訃報に接しました(←HPお知らせに別掲、リンクされています)

18110351811031181103218110361811033

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です