デイリーレポート

演奏者たちも待ってた感じの前回中止のリベンジステージ

演奏者たちも待ってた感じの前回中止のリベンジステージ

Kyoko

2018年10月13日 土曜日

0 コメント

▶実力派わ集めた井上さんのギタークァルテット、メンバー 井上智(g) 片倉真由子(pf) 増原巌(b) 高橋信之介(ds) さん。このメンバーは全員がNYに在住経験があり、ジャズへの思いが共通しているメンバーだと思います。とにかくよくスウィングして気持ちいい演奏を繰り広げてました。前回が台風の影響でお店をクローズせざるを得なかったのですが、昨夜は音を出した瞬間から、皆さんのこのメンバーで演奏できる喜びを感じられる素晴らしい演奏でした。久し振りに信之介さんのドラミングを聴いていて、改めてコンボ・ジャズにおけるドラマーのセンスの重要性を確認しました。
▶1st.stage…井上作♪Going Home Whistle、1934年のミュージカル曲C.パーカーがジャズに♪East of The Sun、H.シルバー♪Split Kick、山田耕作作井上アレンジの♪赤とんぼ、A.ブレーキーバンドの曲テナー奏者ハンク・モーブレー♪Hipsippy Blues。
▶2nd.stage…井上作♪ Monk The Thing、ウェス・モンゴメリー♪Full House、♪Autumn In New York、D.エリントン♪Sunset and the Mockingbird、H.モーブレー♪This I Dig of You、 アンコールはドリス・デイの歌った♪Secret Love。静かに終わりました。1週間が過ぎるのが早いですね、今夜は【BODY&SOUL Special】チャールス・アルトゥーラさんの今夜はギターのトリオです。少しお席がありますよ、ぜひお聴きにいらしてください。

181012041810120818101202181012011810120318101205

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です