デイリーレポート

ステージと客席が一体となって大いに盛り上がった夜

ステージと客席が一体となって大いに盛り上がった夜

Kyoko

2018年09月20日 木曜日

0 コメント

▶佐藤洋祐(as,vo) 菊池太光(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さんのクァルテット《SK 4》は一昨日、北海道ツアーを終えて帰京。ゆく先々で大歓迎を受けとても良くして頂いたということで、大変楽しいツアーになったようです。佐藤さんのMCで、それぞれのツアーのお土産話を交えての楽しいステージ。客席はほぼ満席に埋まり大賑わい。メンバーは皆さん仲が良く、演奏もツー・カーの仲で演奏することを楽しみながら、気持ちが一つになってた音楽を繰り広げました。客席からは掛け声や歓声が上がり、踊りだした方もいて大いにもい上がりました。
▶1st.stage…恒例のオープニングスタイル菊池ピアノから楠井作♪SK 4 Blues、アルバムから♪Three Little Words、♪That’s All…佐藤さんのボーカル入り、マル・ウォルドロンでお馴染み♪Left Alone、楠井アレンジの♪Night And Day…ボーカル入り、佐藤アレンジの♪Giant Steps…ノリよく客席から大受け。
▶2nd.stage…アップテンポの♪子犬のワルツ、♪Take the A-Train…大長編でアドリブを楽しみました。♪Betcha by Golly Wow、♪Break up to Make Up… スタイリスティックスの曲を2曲、♪What’s Going On…ボーカル入り、アンコールはクリフォード・ブラウン♪Daahoud。演奏曲も幅広く専用アレンジのレパートリーも多くなってきていて、ユニットとしての完成度が高まり、私も安心して楽しめるようになりました。ますます発展形が楽しみな《SK 4》です。

18091903180919011180919013180919011809190218091901418091901018091906

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です