デイリーレポート

ノリのいいファンキーな雰囲気の中リラックスして本領発揮

ノリのいいファンキーな雰囲気の中リラックスして本領発揮

Kyoko

2018年07月22日 日曜日

0 コメント

▶猛暑日が続く土曜日の夜。グレース・マーヤ(vo,pf) さんの弾き語りクァルテット、サイドメンバーは 日野’Jino”賢二(eb) 吉田智(g) 大津誠(ds) さんで、暑さを吹き飛ばすようなノリでお店はファンキーな雰囲気。今年の始めころ体調を崩していたマーヤさんも夏になってすっかり元気を取り戻して絶好調でした。マーヤさん良かったね、私もマーヤさんの元気な姿に安心しました。
▶1st.stage…♪Kiss of Life、♪Moon River、♪Jockey Full of Bourbonn、♪Kiss The Girl、♪Corcovado、♪Yatrata、♪Cherish、♪Route 66。
▶2nd.stage…♪Poinciana、♪Calypso Blues…いくら働いてもちっともお金にならないと歌う出稼ぎ労働者の歌。♪Estate (夏)、♪Shape of You、♪Just A Way You Are、マーヤ アレンジ♪あんたがたどこさ、♪Close To You、アンコールはステッペンウルフの♪Born To Be Wild…イージーライダーの曲。リズム隊がはっきりしていてとてもノリが良く、マーヤさんもミスを得た魚のように本領発揮、楽しみながら演奏されました。

1807210118072105180721041807210318072106180721071807211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です